Adobeスクールパートナー(ブロンズ)

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

モザイクを入れよう!

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

フォトショップ(Photoshop)を使って、人の顔とかちょっと見せたくないものに、モザイクを入れてみましょう!
とても簡単な手順で出来ます。

 

 

1.まずモザイクを入れたい画像を用意しましょう。
次にその画像を、スマートオブジェクトに変換することをおすすめします。
なぜなら、モザイクは「フィルター」をつかってかけるからです。
方法は、レイヤーの上で「右クリック」→「スマートオブジェクトに変換」をクリックします。
スマートオブジェクトになると、レイヤーのアイコンが変化します。

ざっくりと

スマートオブジェクトとは?

元のファイルのデータを維持したまま編集が出来ます。
画像を拡大縮小しても画像が劣化せず、また
「フィルター」をかけても修正や削除が可能です。

 

2.隠したい部分を選択範囲で囲いましょう。
「なげなわツール」を使うと簡単ですが、今回は「ペンツール」を使いました。
ペンツールでモザイクを入れたい範囲を作ってから、
「パスパネル」の中の「作業用パス」(今できたパス)を右クリックして、
「選択範囲を作成」を選びましょう。


下のウィンドウが出てきたら、お好みで設定して(今回は何も変えない)
「OK」ボタンを押しましょう。

 

3.「メニューバー」の「フィルター」から
「ピクセレート」→「モザイク」を選びましょう。

下のウィンドウが表示されたら、数値を設定してモザイクの大きさを決めましょう。
数値を小さくするとモザイクが小さくなり、大きくすると荒くなります。
お好みで調節して決まったら「OK」を押しましょう。

 

私の「モザイク」の使い方

モザイクをどんどん大きくすると、下のようになります。
私はこれを、「カラーパレット」として使うこともあります。
自然な色合いで近い色が出来るので、ざっくりと写真から色を拾いたいときや、
色のアイディアを考えるときに便利です!

いかがでしたか?
フォトショップではモザイクはフィルターで簡単に作ることができます。
顔にかけるイメージが強いモザイクですが、大きくモザイクをかけると面白いですよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●こちらの記事もオススメです
→「ぼかし」をかけよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. 隠しアイコン「バナナ」を表示させてみよう

    Photoshop

    Photoshopの隠しツールバー「バナナ」を表示させよう

    今回はアドビの小さな遊びごごろを紹介します!Photoshop C…

  2. Photoshopでアハムービーを自作しよう

    Photoshop

    Photoshopでアハムービーを自作しよう

    まずはこちらの動画をご覧ください!画像の一部分が始まりと終わり…

  3. Photoshop

    ドット絵をボケないように大きくする方法

    ドット絵を大きくすると輪郭がボケてしまい、はじめに作ったドット絵のイメ…

  4. Photoshop

    写真を水彩画風の加工しよう

    今回は写真を手書きの水彩画風にする方法を紹介します。作り方 …

  5. 子供の写真

    Photoshop

    人物写真を油絵風に加工

    普通の写真を油絵風に。紙のざらつきや絵の具のぺたぺた感を表現するの…

  6. Photoshop

    修復ブラシツールとコピースタンプツールの違い

    使いたい写真に、不要なものが写り込んでいたり、傷があったり・・・。…

人気の記事

CodeCamp

おすすめの参考書

PAGE TOP