Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

ヴァニシング・ポイントを使った合成画像の作成

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

Photoshopの機能の一つ「Vanishing Point」を使用して、遠近感のある画像の貼り付けが可能です。
「Vanishing Point」は、写真の壁や看板等に、自然な遠近感で画像や文字を貼り付けたい場合に使うと便利です。

パソコンのディスプレイに画像を貼り付けてみよう

今回は、例としてこのように、パソコンのディスプレイに風景写真を合成してみたいと思います。

まず始める前に、合成画像用の新しいレイヤー1枚作っておくとよいでしょう。

次に合成したい写真を開き、必要な部分を選択し、コピー(MAC:command+C WIN:Ctrl+C)します。

パソコンの画像に戻り、メニューから「フィルター>Vanishing Point」を選択します。
Vanishing Pointのウィンドウが開くので、面選択ツール(左のアイコンの上から2番目ですが最初から選択されています)を使い、編集したい部分の四隅をクリックし、面を作成します。
ここでは、ディスプレイに写真を合成したいので、ディスプレイ部分を選択します。

もし面選択がずれたりしてしまったら、面修正ツール(1番上の矢印アイコン)を使って修正しましょう。

面選択をしたら、先ほどコピーした写真画像を貼り付け(MAC:Command+V WIN:Ctrl+V)ます。
貼り付けた写真画像をドラッグし、作成した面まで移動させます。

すると作成した面に沿って画像が貼り付けられます。
この時貼り付けた面は、変形ツールで移動したり拡大縮小したりできます。自然に見えるよう、画像の位置を調節しましょう。

ほぼ違和感なくディスプレイに画像が貼り付けられました。これで完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    モザイクを入れよう!

    フォトショップ(Photoshop)を使って、人の顔とかちょっと見せた…

  2. Photoshop

    新機能は使えるのか?アートボードの追加

    フォトショップでデザインやドキュメントを作成する作業を複数のアートボー…

  3. Photoshop

    PhotoshopでGIFアニメーションを作ってみよう

    webサイトや個人の作品ページなどで、単純でありながら深い表現でまだま…

  4. Photoshop

    選んだ色から選択範囲を作ろう[色域指定]

    色域指定とは色域指定とは、画像の中の特定の色を指定して、選択範囲を…

  5. Photoshop

    画像を自然に引き伸ばそう

    コンテンツに応じて拡大・縮小とは?画像サイズが足りなくて、困ったこ…

  6. Photoshop

    破壊処理と非破壊処理の違い

    検索数の多い「写真の縁をぼかす」方法について、今回は、このような写…

CodeCamp

最近の記事

  1. 上付き文字や下付き文字を使おう
  1. Photoshop

    非破壊処理で逆光を描画
  2. Mac

    Macで簡単にスクリーンショットを撮ろう!フリーソフト「Captur」の使い方
  3. Illustrator

    和柄パターン(算木崩し)の作り方
  4. Photoshop

    素早く切り抜く便利な機能『選択とマスク』
  5. Illustrator

    波のような文字と段組み
PAGE TOP