Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

対象モードで複雑な模様を描こう

使用ソフト: Photoshop CC 2020  

Photoshopのブラシツールにある対象モードを使うと複雑な模様も簡単に描けるようになります。

放射状対象の場合


ブラシツールを選択します。


右上の蝶のアイコンをクリック。
「放射状対象」を選びます。


セグメント数を選びます。
今回は5本にします。


追加したセグメントの上に思うままに線を描いていきます。


おおまかな線が出来上がりました。


線の入り抜きを描き足します。


細かい装飾を描き足します。


好みの色や加工をして完成です。

 

マンダラ対象の場合


ブラシツールを選択します。

右上の蝶のアイコンをクリック。
「マンダラ対象」を選びます。


セグメント数を選びます。
今回は5本です。


先ほど同様に思うままに描いていきます。


おおまかな線が完成です。


細かい装飾を描いていきます。


線の入り抜きを描き足します。


好みの色や加工をして完成です。

作成した模様をブラシやパターンに登録しても使えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    Photoshopで氷を作る

    1.ベースになる形を作る文字でもシェイプでも良いのでベースにな…

  2. Illustrator

    便利なヘルプ機能

    あれ?えーと・・・。どこだったっけ・・・?Illustratorや…

  3. Photoshop

    簡単にPhotoshopで箔押しをつける方法

    簡単にPhotoshopで箔押しをつける方法ちょっとした工夫で…

  4. Photoshop

    横(縦)の長さが足りない写真に背景を追加しよう

    せっかく理想に近い素材写真を見つけたのに、アスペクト比(縦横の比率)が…

  5. Photoshop

    カスタムパターンでオリジナルのパターンを作ろう

    前回はカスタムブラシの作成方法をご紹介しましたが、今回はカスタムパター…

  6. コピースタンプ

    Photoshop

    コピースタンプツールの応用

    普段Photoshopを使用していてコピースタンプツールはどのような場…

人気の記事

CodeCamp

おすすめの参考書

PAGE TOP