Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

Photoshopでグリッターなラメを作る

使用ソフト: Photoshop CC 2020  

1.ベースを作る

まずはお好きな文字またはシェイプを作ってください。

 

2.ラメを作る

新しいレイヤーを作成、塗りつぶしツールを選択し「描写色」を「パターン」に変更。
「花崗岩」のパターン選び全体に塗りつぶします。


「イメージ」→「色調補正」→「明るさ・コントラスト」で「明るさ:-150」「コントラスト:100」に指定します。

 

3.色を付ける


「新規調整レイヤー」から「グラーデーションマップ」を選択し、プリセットからお好みの色を選んでください。
今回はパステル系のピンクとラベンダーのグラデーションを選びました。


グラデーションマップで追加したレイヤーと2で追加したレイヤーを文字のレイヤーにクリッピングマスクします。
その後、グラデーションマップのレイヤーの描写を「リニアライト」にし、「塗り」を64%にします。
クリッピングマスクとレイヤーの描写を変更すると上記の画像のようになります。

 

4.光の加工


2で追加したレイヤーを複製し、「イメージ」→「色調補正」→「2階調化」で白黒の画像に加工します。


2階調化した画像を「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」半径:1.9pixelにしてぼかします。

ぼかした画像のレイヤーを1番上に持って行きクリッピングマスクにします。
また、そのレイヤーの描写を「ハードミックス」、不透明度を「38%」にすると上記の画像のようになります。

 

5.質感の調整

文字のレイヤーを選びレイヤースタイル「シャドウ(内側)」を追加します。
「描写モード:乗算」、カラーは濃いめのグレーにし、「サイズ:8pixel」にしてください。
すると水彩描写の境界線のような質感になります。

 

6.色味の追加

また文字のレイヤーを選択し、レイヤースタイル「グラデーションオーバーレイ」を追加します。
設定は「描写モード:オーベーレイ」「不透明度:69%」、グラデーションカラーはお好みで結構ですが、今回は紫と水色のグラデーションを設定しました。

 

完成

後はお好みで背景色や光彩を設定して完成になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    服のシワに合わせて文字を合成しよう

    写真の服に模様や文字を合成してみたいということはありませんでしょうか。…

  2. シャープに仕上げる

    Photoshop

    写真にエッジをつけてシャープに仕上げよう

    今回は画像にエッジをつけてシャープに仕上げる方法を解説していきます。…

  3. 描画モード「ソフトライト」を使って画像の雰囲気を変えてみよう

    Photoshop

    描画モード「ソフトライト」を使って画像の雰囲気を変えてみよう

    この画像を使いたい!でも雰囲気は違うんだよなぁ…などと感じることありま…

  4. パペットワープで犬を笑顔にしてみる

    Photoshop

    犬を笑顔にしてみる

    動物はどんな表情をしていても可愛いですよね。でもニッコリした表情だ…

  5. Photoshop

    PhotoshopCS5で街に風船を飛ばそう

    Photoshopで街に風船を飛ばす方法をご紹介します。1.写真か…

  6. Photoshop

    素材の一部をテキストで表現する

    素材の半分をテキストで覆った魅力的なデザインを作ります。レイヤーや…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP