Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

【左右対称・上下対称】鏡面描画が便利です

使用ソフト: Illustrator CC 2018(CSでも可)  

左右または上下対称のイラストなどを作成する時、半分だけ作ってコピー+反転で合体したら、
合体した形が想像していたイメージと少し違っていたり、細かい修正をしたくなる事があります。
慣れていれば脳内で完成図がイメージ出来るのでしょうが…
「後から合体する半分も見ながら作業出来たら楽なのに」と思いませんか?

「思う!」という方におすすめしたいやり方を、ハートを例にご紹介します。

グラフィックスタイル[ライブリフレクト X]

まずはきちんと線対称になるように、中心にするガイドを作成しましょう。
次にガイドを中心としたハートの右半分をペンツールで描きます。
ガイドから右半分のハート

描いたハートの右半分を選択している状態で、グラフィックスタイルパネルの[ライブリフレクト X]をOption(win ait)を押しながらクリック。
グラフィクパネル左から4番目

[ライブリフレクト X]が適用されると、鏡に映したように反転された状態が左側に現れます。
これで完成図を見ながら鏡面描画する事ができます。
ライブリフレクトXを適用
実際に「ある」のは右半分だけで、左は「右半分を鏡に映しているだけ」なので右を修正すれば、左にも反映されます。
右を修正すると左にも反映される

形が完成したら、通常のオブジェクトの状態にしましょう。
メニューバーのオブジェクトから[アピアランスを分割]を選択してください。
メニューバーの図
こうする事で鏡に映っただけの物だった左半分が、オブジェクトになります。

左側が実体化した
ただこのままでは右半分と左半分がグループ化されたそれぞれのオブジェクトの状態なので、重なるアンカーポイントを[パスの連結]で繋げるか、[パスファインダーの合体]で1つのオブジェクトにしましょう。

ちなみに、例では右半分で作りましたがアピアランスの「変形効果」でどのように鏡に映すかを設定できますので、作りたい物に応じて設定してください。
アピアランスの変形パネル

レイヤーで鏡像描画をしたい場合

上の説明では1つのオブジェクトに対しての操作でしたが、レイヤー自体に[ライブリフレクト X]を適用して鏡像描画を行う事も可能です。

レイヤーパネルの右にある丸(図の赤丸部分)をクリックして、図の下のような二重丸の状態にしてください。
レイヤーパネル

二重丸になっている状態で、グラフィックスタイルパネルの[ライブリフレクト X]をクリックして適用。
適用されているかの確認や効果の設定はアピアランスパネルの[変形]をクリックしてください。
アピアランス

これで[ライブリフレクト X]を適用したレイヤーに描いた物はすべて鏡像になります。
きちんと線対称になるように、アートボードの中心にガイドを作成してください。
鏡像描画図

ちなみに、[ライブリフレクト X]の初期設定を使わない場合は、鏡像描画にしたいオブジェクトまたはレイヤーにアピアランスパネルから[新規効果を追加]-[パスの変形]-[変形]で自分の決めた設定を適用でもいいです。

ポイント
※実際に「ある」のは半分だけで、鏡像は「半分を鏡に映しているだけ」
※通常オブジェクトにする場合は[アピアランスを分割]を忘れずに!

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    楕円形ツールで作るリアルな雲の作り方

    楕円形ツールで楕円を重ねて、パスファインダーで合体すれば、漫画のような…

  2. Illustrator

    手書き文字をトレースしてみよう

    ノートにレタリングした手書きの文字を、Illustratorでトレース…

  3. Illustrator

    波のような文字と段組み

    「パス上文字ツール」を使って波のような文字を書いてみようまずは、ペ…

  4. Illustrator

    インド国旗を作ろう!その①

    以前私はイラストレーター(Illustrator)でインド国旗を作ろう…

  5. Illustrator

    リサイクルマークを作ってみよう

    リサイクルマーク食品や飲料のパッケージ、工業製品などで見かけるリサ…

  6. Illustrator

    ブレンドツールの基本的な使い方 

    ブレンドツールは図形と図形をブレンドして中間のオブジェクトを生成してく…

最近の記事

  1. Others

    キーボードの操作を画面に表示しよう!フリーソフト「KeyCastr」
  2. InDesign

    身近な話題をインデザインで新聞にしてみよう(その②レイアウト)
  3. Photoshop

    画像を文字とシェイプでマスクする
  4. Illustrator

    3Dにシンボルをマッピングしてみよう
  5. Photoshop

    Photoshopの描画機能を使いこなそう
PAGE TOP