Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

立体感のあるデザインを作ろう

使用ソフト: illustrator CC 2018 (CSでも可能)  

よく見かける立体的なオブジェクトや俯瞰的な視点デザインが、イラレの3D機能を使えばパスの操作が苦手だという人でも全く問題なく作ることが出来ます。

3D機能を使って見よう

長方形
まずオブジェクトを用意して

メニューバー、効果3D、押出しベベル
ここを開いて効果をかけると

効果をかけたオブジェクト
こうなります。
(上はオプションを開いて初期設定で効果をかけた場合。)

3d効果の詳しい説明はこの記事にあります。

オブジェクトの例

リボン
リボン
ペンツールで曲線を描き、塗りなしで効果をかけます。(例は初期設定)
先端の細工はお好みで

カーペット
そのまま押し出しの奥行きを増やすとカーペットみたいにもなります。

建物
建物

窓は複合パスにするとやりやすいです。シャッターのジグザグはオフアクシス法上面でベベルをぎざぎざにし奥行きなどを調節するとそれっぽくなります。看板の文字は看板と同じ位置で奥行きを0にします。あとは始めに書いたことと同じ事をしてくみあわせるだけで完成です。

アイソメトリック風なデザイン

アイソメトリックとは、横、奥行き、高さ(x.y.z)の軸が全て120度間隔になっている図のことで、見た感じで言えば斜め上の俯瞰からみた構図になり、webサイトや建物などの作図によく使われています。

これも先程のイラレの3D機能を使って同じように出来ます。

アイソメトリック法

やり方は上と同じように押し出し、ベベルから位置をアイソメトリック法に設定するだけ、あとは一緒です。

アイソメトリック法 例
上からアイソメトリック法(左,右,上面,底面)

上の建物にかけてみました。
建物 アイソメトリック

立体マップを作ろう

まず普通に地図を用意しましょう。(初めは簡単なやつがいいですね)
地図の作り方はここへ
(一つ一つレイヤーで分けておくとやりやすいと思います。)

地図 平面

作ったものに土台から順に効果をかけながら位置を調節して行きます。
(結構オブジェクトの上下が関わってきます)

完成
地図 アイソメトリック
予め地図を作るより一つ一つ作って並べる方が良い人はそちらでもいいです。

補足
地図 オフアクシス法
オフアクシス法-上面で作るとこんな感じになります。
空いたとこにオブジェクトを置くとちょっと賑やかになりますね。

人型を作る

人型も同じ様な要領で作ることが可能です。

人型 骨組み
まず簡単に骨組みを作り

人型 肉付け
その上から服や髪などをつけて行き

人型 効果適用
効果をかけます。(例はアイソメトリック左)

人型 例
クリッピングマスクなどで頭部を修正し、手足などを足して完成です。

こだわりたい人は、効果をかけたものをガイドに上から書いて修正したり付け加えるのもいいですね。

アイソメ例
使用例

アイソメトリック 風 デザイン例
これまでのものを使ってのデザイン例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    袋文字の作りかた

    今回はIllustratorで袋文字の作り方をご紹介します。袋…

  2. Illustrator

    波のような文字と段組み

    「パス上文字ツール」を使って波のような文字を書いてみようまずは、ペ…

  3. Illustrator

    コマンドXとコマンドF(B)を使ってオリンピックマークを作ってみよう

    来年2020年は東京オリンピックが開催されますね。とても楽しみです。…

  4. Illustrator

    Illustratorでスピログラフを作ってみよう

    Spirographースピログラフスピログラフとは、この美しい幾何…

  5. Illustrator

    整列パネルを使いこなそう

    整列パネルについてイラストレーターにはオブジェクトを整列させたり分…

  6. Illustrator

    「鉛筆ツール」で直線を描こう!

    イラストレーター(Illustrator)の「鉛筆ツール」はフリーハン…

Language

CodeCamp

最近の記事

  1. コピースタンプ
  2. メビウスの輪
  3. 海外のフリー素材サイト
  4. カラーチャンネル
  5. シルクスクリーン
  1. 左右で画面の明るさを分けたハンバーガー

    Others

    適正露出の写真を撮る・前編(絞り、シャッタースピード、ISO感度の関係)
  2. Illustrator

    同じ色のオブジェクトだけをまとめて選択する方法
  3. シャープに仕上げる

    Photoshop

    写真にエッジをつけてシャープに仕上げよう
  4. Photoshop

    素早く切り抜く便利な機能『選択とマスク』
  5. Illustrator

    手書き文字をトレースしてみよう
PAGE TOP