Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

アクションパネルで大幅時短

使用ソフト: illustrator CC 2018 (CSでも可能)  

Illustratorで作業をする際、同じ作業を何度も何度もすることって多々ありませんか?
一つ一つの手間はそれ程でなくとも積み重なると結構な負担になりますし、なによりちょっとうんざりしますよね。

そういう時に便利なのがこのアクションパネルです。

アクションパネルについて

アクションパネルとは、簡単に言えば画像の大きさ変更や効果適用、ファイル変換などの動作を保存したら(もしくはされているものを選択して)、それをパネル上でクリックするだけで自動でやってくれるという優れものです。

よく隠れていることがありますが、その場合はウインドウを開けば見つかります。

ウインドウからアクションパネル

使ってみよう。

見ての通りweb用に保存とか、拡大縮小、回転やリフレクトなどよく使いそうなのはあらかじめ初期設定で入っているので、それらをやってもらいたい場合はかけたいオブジェクトなどを選択した上で、下の実行ボタン(黒丸(記録ボタン)の右)をクリックすればあとはソフトがやってくれます。

自分でアクションを作って保存しよう。

そしてこの機能の一番の目玉と言ってもいいのが

『自分でアクションを作れるというところです。

手順はさして複雑ではないので安心です。

新規セットを作る
1.アクションの保存先(セット)を作る。

新規アクションを作る

2.作ったセットの中に新規アクションを作る。

やらなきゃいけないことはこれだけです。

あとは下の記録ボタン(実行ボタンの左にある)
記録ボタン

にカーソルを合わせて丸が赤くなれば準備完了。ボタンを押して記録したい動作を実際にするだけ!
終わったら中止ボタン(記録ボタンの左の四角)をクリックして終了です。
中止ボタン

イメージとしてはカメラで記録してるようなものと考えると良いかもしれません。

例

例を挙げると上のように文の見出しの文字だけ書体、大きさ、色を変えて統一したい場合、一回や二回ならまだしも10.20と煩わしい作業が積み重なっていくと、かなり負担になると思うので記録させてクリック一回で済むようにできると非常に楽になりますね。

注意

ここで気をつけなければいけないことは、失敗するとそこも記録されてしまい、その都度一旦停止して修正が必要となってしまうことです。
なので記録中は一層集中しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    木目調テクスチャを使おう

    割といろんなとこで見かける使い勝手のいい木目ですが、単純なものなら一つ…

  2. Illustrator

    シンボル化してみよう

    パスで作ったイラストなどを簡単にシンボル化することができる方法の紹介で…

  3. Illustrator

    ぴったり並んだ「キャビア」(円)を描いてみよう!(W杯開催国ロシアの名産品)

    ワールドカップ2018が始まりましたね!今回の開催国はロシ…

  4. Illustrator

    「鉛筆ツール」で直線を描こう!

    イラストレーター(Illustrator)の「鉛筆ツール」はフリーハン…

  5. Illustrator

    ワープを使って球体に模様をつける

    ワープイラストレーターの「ワープ」とは、オブジェクトの見た目を変形…

  6. Illustrator

    文字タッチツールを使って面倒な文字組みを簡単に!

    皆さんは文字の角度や大きさを変更する際にアウトライン化をしていませんか…

最近の記事

  1. キーマカレー
  2. 遠方の山と手前の山の重なり
  1. Photoshop

    ドット絵をボケないように大きくする方法
  2. Illustrator

    インド国旗を作ろう!その③
  3. Illustrator

    再配色を使って色を変えてみよう
  4. Illustrator

    インド国旗を作ろう!その④
  5. Illustrator

    立体感のあるデザインを作ろう
PAGE TOP