Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

効果線(ホワイト)をつけてみよう

使用ソフト: Photoshop CS5  

今回は前回動きをつけた画像を使用して効果線(ホワイト)のつけ方を紹介をします。

まず、元の画像を複製します。複製したレイヤーは、前回動きを付けたレイヤーより[上]に配置して下さい。
配置をしたら、[フィルター]→[ノイズ]→[ノイズを加える]を選択します。
背景レイヤーを複製してフィルターからノイズを加えるを選択
選択したらウィンドウが出てくるので、[量]の部分を[400%]にします。
分布方法は[均等に分布]にし、[グレースケールノイズ]にチェックを入れます。
選択したらノイズの量を400% 分布方法の均等に分布とフレースケールノイズにチェックをします。
そうすると画面全体に強いモノクロのノイズがかかります。
全体的に強いグレースケールのノイズがかかります。
ノイズがかかったら次に[フィルター]→[その他]→[スクロール]を選択します。
ノイズかかったレイヤーでフィルター その他 スクロールからスクロールを選択します
選択したら水平方向のバーを画像に合わせて画像のようにキャンバス一杯のボーダーになるようにしたください。
(未定義領域は端のピクセルを切り返して埋めるにしてください)
水平方向のバーにキャンバスにあった値を入れてください。この画像だと大体-3200でした。
この画像だと-3200でした。
画面全体がボーダーになるようにしてください
上の画像のようになったら[レイヤー]を[スクリーン]にします。
画面全体がボーダーになったらレイヤーをスクリーンにしてください。
スクリーンにしたらいらない部分は[黒]の[ブラシツール]で消してください。
※レイヤーマスクと違い[黒]で部分的に消しても[白]で修復できないので注意してください。
スクリーンにしたら黒のブラシツールでいらない部分を消してください。

いらない部分を消したら完成です。
いらない部分を消したら完成です。効果線がつくことによってよりスピード感のある1枚になりましたね。
効果線がつくことによってよりスピード感がつきましたね。
スピード感を出すだけではなく、吹き出しなどを入れるとこんな風に漫画の一コマのようになります。
効果線だけでなくセリフなど入れるとより漫画風らしさが出ます。
他にもいろんな場面を作ることができますので是非試してみてください。

閲覧ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    超簡単!?自然な移動と削除

    「この人いらないなー」「この人もう少し中央にきたら良い写真なのになー」…

  2. Photoshop

    修復ブラシツールとコピースタンプツールの違い

    使いたい写真に、不要なものが写り込んでいたり、傷があったり・・・。…

  3. Photoshop

    画像を昔の写真風にしてみた

    技術の進歩で風景をとても綺麗に撮影できるようになった。しかし子供の頃、…

  4. Photoshop

    フォトショでマダムを若返らせてみた

    フォトショップは女性にとって魔法のようなツールです。だって、シワやホク…

  5. Photoshop

    レイヤーカンプの基本操作

    Photoshopのレイヤーカンプとは、レイヤーの表示/非表示などの状…

  6. Photoshop

    PhotoshopでGIFアニメーションを作ってみよう

    webサイトや個人の作品ページなどで、単純でありながら深い表現でまだま…

最近の記事

  1. Photoshop

    レイヤースタイルで立体文字を作ろう
  2. Mac

    「QuickTime Player」でパソコン画面を録画しよう!
  3. Photoshop

    修復ブラシツールとコピースタンプツールの違い
  4. Illustrator

    Illustratorでスピログラフを作ってみよう
  5. Illustrator

    テキストの中にオブジェクトを配置する方法
PAGE TOP