Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

効果線(ホワイト)をつけてみよう

使用ソフト: Photoshop CS5  

今回は前回動きをつけた画像を使用して効果線(ホワイト)のつけ方を紹介をします。

まず、元の画像を複製します。複製したレイヤーは、前回動きを付けたレイヤーより[上]に配置して下さい。
配置をしたら、[フィルター]→[ノイズ]→[ノイズを加える]を選択します。
背景レイヤーを複製してフィルターからノイズを加えるを選択
選択したらウィンドウが出てくるので、[量]の部分を[400%]にします。
分布方法は[均等に分布]にし、[グレースケールノイズ]にチェックを入れます。
選択したらノイズの量を400% 分布方法の均等に分布とフレースケールノイズにチェックをします。
そうすると画面全体に強いモノクロのノイズがかかります。
全体的に強いグレースケールのノイズがかかります。
ノイズがかかったら次に[フィルター]→[その他]→[スクロール]を選択します。
ノイズかかったレイヤーでフィルター その他 スクロールからスクロールを選択します
選択したら水平方向のバーを画像に合わせて画像のようにキャンバス一杯のボーダーになるようにしたください。
(未定義領域は端のピクセルを切り返して埋めるにしてください)
水平方向のバーにキャンバスにあった値を入れてください。この画像だと大体-3200でした。
この画像だと-3200でした。
画面全体がボーダーになるようにしてください
上の画像のようになったら[レイヤー]を[スクリーン]にします。
画面全体がボーダーになったらレイヤーをスクリーンにしてください。
スクリーンにしたらいらない部分は[黒]の[ブラシツール]で消してください。
※レイヤーマスクと違い[黒]で部分的に消しても[白]で修復できないので注意してください。
スクリーンにしたら黒のブラシツールでいらない部分を消してください。

いらない部分を消したら完成です。
いらない部分を消したら完成です。効果線がつくことによってよりスピード感のある1枚になりましたね。
効果線がつくことによってよりスピード感がつきましたね。
スピード感を出すだけではなく、吹き出しなどを入れるとこんな風に漫画の一コマのようになります。
効果線だけでなくセリフなど入れるとより漫画風らしさが出ます。
他にもいろんな場面を作ることができますので是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    飛び出す写真を作ってみよう

    飛び出す写真の作り方を今回紹介したいと思います。まず、レイヤー…

  2. 顔立ち調整機能を使おう

    Photoshop

    顔立ち調整で手軽に顔の写真加工をしよう

    「顔の写真を加工する」と言うと少し難しく思われる方もいると思います。…

  3. Photoshop

    破壊処理と非破壊処理の違い

    検索数の多い「写真の縁をぼかす」方法について、今回は、このような写…

  4. Photoshop

    カスタムパターンでオリジナルのパターンを作ろう

    前回はカスタムブラシの作成方法をご紹介しましたが、今回はカスタムパター…

  5. Photoshop

    斜めの画像を正面画像へと補正する方法

    斜めに写ったオブジェクトなどを、正面から見た画像のように見せる方法をご…

  6. 昔の映像風な画像加工をしよう

    Photoshop

    昔の映像のような画像加工をしてみよう

    Photoshopを使用していると沢山の画像を「昔風」にする機能があり…

人気の記事

  1. 昔の映像風な画像加工をしよう

    Photoshop

    昔の映像のような画像加工をしてみよう
  2. Photoshop

    How to stretch images naturally by ̶…
  3. Photoshop

    Photoshopの描画機能を使いこなそう
  4. 描画モードについて

    Photoshop

    Photoshopの描画モードについて〜後編〜
  5. 海外のフリー素材サイト

    Others

    The 19 Best Free Stock Photo Sites
PAGE TOP