Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

レイヤースタイルで立体文字を作ろう

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

Photoshopの「レイヤースタイル」は、レイヤー内のオブジェクトに様々な効果を追加することが可能です。
ここでは、文字を立体にする基本的な作成方法を説明します。

基本的な立体文字を作ってみましょう

まず適当な文字を入力します。
ここでは例として「GRAPHIC」と入力しました。

レイヤーパネルの文字レイヤーを右クリックし、一番上の「レイヤー効果」を選択します。

レイヤースタイルダイアログボックスが開きます。
左に並んでいる効果の「ベベルとエンボス」を選択します。

選択すると様々な効果の設定画面が表示されます。ここの数値などをいじって好みの立体文字にしましょう。

スタイルやテクニックの種類によって表現方法は異なりますので、色々と試してみてください。
注意:スタイルの「エンボスの境界線を描く」というのがありますが、これは「境界線」効果を適用している場合に、その境界線にエンボス効果を適用します。

光の位置を決める角度や高度についてです。
角度は光の当たる方向で、高度は0度に近いほどハイライトの強さが上がります。
ハイライトのモードは光の部分の色で、シャドウのモードは影の色です。

例ではベベル(内側)を適用し、ハイライトは白、シャドウは青に設定しました。光の角度(光源)は左上に設定していますので、その位置から光が当たっています。

レイヤースタイルでは、複数の効果をつけられます。
ここではさらにグラデーションオーバーレイとドロップシャドウを追加してみました。

シンプルですが、これだけでも立体感のある文字が完成しました。

以上、立体文字の基本的な部分の説明でした。レイヤースタイルの設定次第で様々な表現が作れますので、ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. シャープに仕上げる

    Photoshop

    写真にエッジをつけてシャープに仕上げよう

    今回は画像にエッジをつけてシャープに仕上げる方法を解説していきます。…

  2. Photoshop

    ゴールドの作り方 レイヤーはたった2枚!

    一見手の込んだように見えるゴールドですが、Photoshopのレイヤー…

  3. Photoshop

    人物に影をつける方法

    写真の人物や動物に影をつけたい時に便利な方法をご紹介します。今回は…

  4. Photoshop

    パチスロのグラデーションが美しすぎるのでフォトショで作ってみた

    大当たり感抜群のグラデーションに目を奪われて、実際に自分で作れはしない…

  5. 夜景

    Photoshop

    手軽に水面への映り込みを実現しよう

    水面に映る夜景やイルミネーションは非日常的でとても魅力的ですよね!…

  6. Photoshop

    飛び出す写真を作ってみよう

    飛び出す写真の作り方を今回紹介したいと思います。まず、レイヤー…

Language

最近の記事

  1. 意外と知らない歯車の作り方
  2. アルミの質感を作ろう
  3. 寸法線の作りかた
  4. 印鑑風
  5. ホラー風の文字を作ろう
  1. ライブペイントを使おう

    Illustrator

    How to Use Live Paint in Illustrator
  2. Photoshop

    Photoshopで雪を降らせてみよう
  3. Illustrator

    ブレンドツールの基本的な使い方 
  4. Photoshop

    人物に影をつける方法
  5. Others

    ショートカットキーで作業効率アップ!
PAGE TOP