Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

レイヤースタイルで立体文字を作ろう

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

Photoshopの「レイヤースタイル」は、レイヤー内のオブジェクトに様々な効果を追加することが可能です。
ここでは、文字を立体にする基本的な作成方法を説明します。

基本的な立体文字を作ってみましょう

まず適当な文字を入力します。
ここでは例として「GRAPHIC」と入力しました。

レイヤーパネルの文字レイヤーを右クリックし、一番上の「レイヤー効果」を選択します。

レイヤースタイルダイアログボックスが開きます。
左に並んでいる効果の「ベベルとエンボス」を選択します。

選択すると様々な効果の設定画面が表示されます。ここの数値などをいじって好みの立体文字にしましょう。

スタイルやテクニックの種類によって表現方法は異なりますので、色々と試してみてください。
注意:スタイルの「エンボスの境界線を描く」というのがありますが、これは「境界線」効果を適用している場合に、その境界線にエンボス効果を適用します。

光の位置を決める角度や高度についてです。
角度は光の当たる方向で、高度は0度に近いほどハイライトの強さが上がります。
ハイライトのモードは光の部分の色で、シャドウのモードは影の色です。

例ではベベル(内側)を適用し、ハイライトは白、シャドウは青に設定しました。光の角度(光源)は左上に設定していますので、その位置から光が当たっています。

レイヤースタイルでは、複数の効果をつけられます。
ここではさらにグラデーションオーバーレイとドロップシャドウを追加してみました。

シンプルですが、これだけでも立体感のある文字が完成しました。

以上、立体文字の基本的な部分の説明でした。レイヤースタイルの設定次第で様々な表現が作れますので、ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    素早く切り抜く便利な機能『選択とマスク』

    選択ツールはたくさんありますが使用する場面によっては得意不得意がありま…

  2. Photoshop

    新機能は使えるのか?アートボードの追加

    フォトショップでデザインやドキュメントを作成する作業を複数のアートボー…

  3. Photoshop

    写真を水彩画風にする

    写真を水彩画風に加工する方法をご紹介します。絵が書けない人でも…

  4. Photoshop

    レンズ補正で写真の歪みを直そう

    Photoshopでは写真の建物などの歪みは、「レンズ補正」を使って歪…

  5. Photoshop

    カスタムパターンで新しいパターンを作ろう

    前回はカスタムブラシの作成方法をご紹介しましたが、今回はカスタムパター…

  6. Photoshop

    斜めの画像を正面画像へと補正する方法

    斜めに移ったオブジェクトなどを、正面から見た画像のように見せる方法をご…

CodeCamp

最近の記事

  1. Photoshop

    新機能は使えるのか?アートボードの追加
  2. Illustrator

    「鉛筆ツール」で直線を描こう!
  3. Illustrator

    フリーハンドで絵を描こう!(鉛筆ツール)
  4. Illustrator

    波のような文字と段組み
  5. Photoshop

    ヴァニシング・ポイントを使った合成画像の作成
PAGE TOP