Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

ヴァニシング・ポイントを使った合成画像の作成

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

Photoshopの機能の一つ「Vanishing Point」を使用して、遠近感のある画像の貼り付けが可能です。
「Vanishing Point」は、写真の壁や看板等に、自然な遠近感で画像や文字を貼り付けたい場合に使うと便利です。

パソコンのディスプレイに画像を貼り付けてみよう

今回は、例としてこのように、パソコンのディスプレイに風景写真を合成してみたいと思います。

まず始める前に、合成画像用の新しいレイヤー1枚作っておくとよいでしょう。

次に合成したい写真を開き、必要な部分を選択し、コピー(MAC:command+C WIN:Ctrl+C)します。

パソコンの画像に戻り、メニューから「フィルター>Vanishing Point」を選択します。
Vanishing Pointのウィンドウが開くので、面選択ツール(左のアイコンの上から2番目ですが最初から選択されています)を使い、編集したい部分の四隅をクリックし、面を作成します。
ここでは、ディスプレイに写真を合成したいので、ディスプレイ部分を選択します。

もし面選択がずれたりしてしまったら、面修正ツール(1番上の矢印アイコン)を使って修正しましょう。

面選択をしたら、先ほどコピーした写真画像を貼り付け(MAC:Command+V WIN:Ctrl+V)ます。
貼り付けた写真画像をドラッグし、作成した面まで移動させます。

すると作成した面に沿って画像が貼り付けられます。
この時貼り付けた面は、変形ツールで移動したり拡大縮小したりできます。自然に見えるよう、画像の位置を調節しましょう。

ほぼ違和感なくディスプレイに画像が貼り付けられました。これで完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    画像を自然に引き伸ばそう

    コンテンツに応じて拡大・縮小とは?画像サイズが足りなくて、困ったこ…

  2. Photoshop

    修復ブラシツールとコピースタンプツールの違い

    使いたい写真に、不要なものが写り込んでいたり、傷があったり・・・。…

  3. Photoshop

    4つのマスクを使いこなそう!マスクの基本操作

    とても便利なマスクですが、実は4種類あることをご存知ですか?今回はその…

  4. Photoshop

    ドット絵をボケないように大きくする方法

    ドット絵を大きくすると輪郭がボケてしまい、はじめに作ったドット絵のイメ…

  5. パペットワープで犬を笑顔にしてみる

    Photoshop

    犬を笑顔にしてみる

    動物はどんな表情をしていても可愛いですよね。でもニッコリした表情だ…

  6. Photoshop

    レイヤースタイルで立体文字を作ろう

    Photoshopの「レイヤースタイル」は、レイヤー内のオブジェクトに…

最近の記事

  1. Photoshop

    横(縦)の長さが足りない写真に背景を追加しよう
  2. Illustrator

    【挑戦】ペンツールの練習 1分間であなたはできる?
  3. Photoshop

    PhotoshopでGIFアニメーションを作ってみよう
  4. Illustrator

    Illustratorでスピログラフを作ってみよう
  5. Photoshop

    飛び出す写真を作ってみよう
PAGE TOP