Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

カスタムブラシでオリジナルのブラシを作ろう

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

Photoshopにはたくさんのブラシが用意されていますが、自分でも新しいブラシを作ることが可能です。

簡単なブラシを作ってみましょう

まずは新規作成で、ブラシを作りやすいように正方形のドキュメントを作成します。
カンバスサイズは100×100にしました。
新規作成したら、新しいレイヤーを作成します。

それではブラシにしたい画像を、作成した新しいレイヤーに描いていきます。
色はなんでも良いですが、黒に近いほどはっきりした色で、白に近いほど淡い色でブラシが作成されます。
今回は黒で描きました。

描き終わったら、
編集>ブラシを定義
を選びます。

ブラシに名前をつけて、OKをクリックします。
これだけでブラシが作成されました。

しかしこれだけでは、ブラシ設定がされていないのでまだ完成ではありません。
そこでブラシの細かい設定をします。

「ブラシ設定パネルの表示切り替え」アイコンをクリックして、ブラシ設定のパネルを開きます。

今回のブラシでは、ポツポツとスタンプのように間隔をあけながら描けるブラシにしたいと思います。

「間隔」にチェックを入れ、スライダーで数値を大きくします。
設定が終わったら、パネル右下の「新規ブラシの作成」アイコンをクリックして新規保存しましょう。

一番最初に作った未設定のブラシなど、不要なブラシはブラシプリセットからブラシを右クリックして「ブラシを削除」を選択すれば削除されます。

これでブラシが完成しました。

以上、ブラシの基本的な作成方法でした。いかがでしたでしょうか。
ブラシの設定次第で面白いブラシを作れるので、色々試して便利なブラシを作ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    画像にフチをつけてみよう

    簡単に切り抜き画像にフチをつけられる方法の紹介です。まず、Ph…

  2. Photoshop

    ヴァニシング・ポイントを使った合成画像の作成

    Photoshopの機能の一つ「Vanishing Point」を使用…

  3. 夜景

    Photoshop

    手軽に水面への映り込みを実現しよう

    水面に映る夜景やイルミネーションは非日常的でとても魅力的ですよね!…

  4. 自動処理[バッチ]で作業スピードアップ

    Photoshop

    自動処理[バッチ]を使用して作業スピードを上げよう

    「画像を沢山ダウンロードしたけど解像度を1つずつ合わせるのが大変・・・…

  5. 写真をセピア調にする方法

    Photoshop

    写真をセピア調にする方法

    カラー写真をセピア調に加工する方法をこの画像を使用してご紹介します。…

  6. 手描き風のコーヒーの画像

    Photoshop

    写真を手描き風に加工してみよう

    今回はPhotoshopを使って写真を手描きのイラスト風に加工する方法…

Language

最近の記事

  1. 意外と知らない歯車の作り方
  2. アルミの質感を作ろう
  3. 寸法線の作りかた
  4. 印鑑風
  5. ホラー風の文字を作ろう
  1. Illustrator

    How to Warp Text with Envelope Distort
  2. Illustrator

    文字タッチツールを使って面倒な文字組みを簡単に!
  3. Photoshop

    Correct Image Distortion in Photoshop
  4. Illustrator

    The Easy and Convenient Way to Make Ribb…
  5. 夜景

    Photoshop

    手軽に水面への映り込みを実現しよう
PAGE TOP