Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

カスタムブラシでオリジナルのブラシを作ろう

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

Photoshopにはたくさんのブラシが用意されていますが、自分でも新しいブラシを作ることが可能です。

簡単なブラシを作ってみましょう

まずは新規作成で、ブラシを作りやすいように正方形のドキュメントを作成します。
カンバスサイズは100×100にしました。
新規作成したら、新しいレイヤーを作成します。

それではブラシにしたい画像を、作成した新しいレイヤーに描いていきます。
色はなんでも良いですが、黒に近いほどはっきりした色で、白に近いほど淡い色でブラシが作成されます。
今回は黒で描きました。

描き終わったら、
編集>ブラシを定義
を選びます。

ブラシに名前をつけて、OKをクリックします。
これだけでブラシが作成されました。

しかしこれだけでは、ブラシ設定がされていないのでまだ完成ではありません。
そこでブラシの細かい設定をします。

「ブラシ設定パネルの表示切り替え」アイコンをクリックして、ブラシ設定のパネルを開きます。

今回のブラシでは、ポツポツとスタンプのように間隔をあけながら描けるブラシにしたいと思います。

「間隔」にチェックを入れ、スライダーで数値を大きくします。
設定が終わったら、パネル右下の「新規ブラシの作成」アイコンをクリックして新規保存しましょう。

一番最初に作った未設定のブラシなど、不要なブラシはブラシプリセットからブラシを右クリックして「ブラシを削除」を選択すれば削除されます。

これでブラシが完成しました。

以上、ブラシの基本的な作成方法でした。いかがでしたでしょうか。
ブラシの設定次第で面白いブラシを作れるので、色々試して便利なブラシを作ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. 夜景

    Photoshop

    手軽に水面への映り込みを実現しよう

    水面に映る夜景やイルミネーションは非日常的でとても魅力的ですよね!…

  2. 描画モードについて

    Photoshop

    Photoshopの描画モードについて〜後編〜

    前編に引き続き描画モードについて後半の13種類の解説をしていきます。…

  3. Photoshop

    とけるチョコレートを作ろう

    今回はPhotoshopで「溶けているチョコレート風」の加工をご紹介し…

  4. トップ画像

    Photoshop

    Adobe Stockの素材を使ってオリジナルの缶をデザインしよう!

    みなさんAdobe Stockはご存知ですか?Photoshopや…

  5. Photoshop

    Photoshopで写真を立体物に加工しよう

    Photoshopの3D機能を活用して写真を立体物のように加工する方法…

  6. Photoshop

    Photoshopで抽象的な油絵を作ろう

    Photoshopで抽象的な油絵のような画像の作り方を紹介します。…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP