Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

ぼかしで写真に動きをつけてみよう

使用ソフト: Photoshop CS5  

今回、簡単に写真に動きをつける方法を紹介します。

まず、画像を用意しレイヤーを複製します。
複製したらレイヤーマスクを追加します。
写真を複製しレイヤーマスクを追加します。
追加したら動きを出したい部分を[なげなわツール]で囲います。
なるべく大きめに取ると◎です。
大きめになげなわツールで囲います。
ピッタリ選択してしまうと加工した際部分的に削げ落ちてしまったりします。
ピッタリやギリギリで囲うと加工した際大事な部分が消えてしまう時があります。
囲ったら上のバーから[フィルター]→[ぼかし]→[ぼかし(移動)]を選択します。
上のバーから[フィルター]→[ぼかし]→[ぼかし(移動)]を選択します。
[ぼかし(移動)]を選択すると編集ウィンドウが出てきます。
大体30~45位を目安に調整します。
編集ウィンドウが出てきたら30~45の位を目安に調整していきます。

調整したらさっきまで静止していた腕に動きが出ましたね。
違和感がある部分(境目)などは、レイヤーマスクを選択し[黒]の[スプレー]で調整します。
動きを出したい部分に動きが出たらレイヤーマスクを選択し[黒]の[スプレー]で最終調整します。

調整したら完成です。
どうでしょうか?最初に比べると大分動きのある写真になりましたね。
調整が終わったら完成です。
[ぼかし(移動)]を使って走っている人の写真をよりスピード感のある写真にできたりもします。
[ぼかし(移動)]で走ってる人をより走っているようにも加工できます。
他にも沢山面白い加工ができるので皆さんどんどん試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    画像を自然に引き伸ばそう

    コンテンツに応じて拡大・縮小とは?画像サイズが足りなくて、困ったこ…

  2. Photoshop

    飛び出す写真を作ってみよう

    飛び出す写真の作り方を今回紹介したいと思います。まず、レイヤー…

  3. Photoshop

    カスタムパターンでオリジナルのパターンを作ろう

    前回はカスタムブラシの作成方法をご紹介しましたが、今回はカスタムパター…

  4. Photoshop

    斜めの画像を正面画像へと補正する方法

    斜めに写ったオブジェクトなどを、正面から見た画像のように見せる方法をご…

  5. 顔立ち調整機能を使おう

    Photoshop

    顔立ち調整で手軽に顔の写真加工をしよう

    「顔の写真を加工する」と言うと少し難しく思われる方もいると思います。…

  6. コーヒーとパン

    Photoshop

    Photoshopの隠し表示第2弾!!コーヒーとパン

    先日のバナナに続いてPhotoshopの隠し表示第2弾!!今回…

人気の記事

  1. Photoshop

    Making a Pop-up Photo
  2. Illustrator

    和柄パターン(算木崩し)の作り方
  3. Photoshop

    How to Pixelate Faces in Photoshop
  4. アコーディオン風の素材を作ろう

    Illustrator

    立体感のあるアコーディオン素材を作ろう
  5. Photoshop

    How to Use the Select and Mask in Photos…
PAGE TOP