Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

画像に光のエフェクトを足してみよう

使用ソフト: photoshop CC 2018 (CSでも可能)  

普段よく目にする光エフェクトですが、実は単純なものであれば慣れない人でもとっても簡単にできてしまうのです!

数多くのやり方の中でも今回は『特に簡単な』方法を紹介します。

アイキャッチ画像の場合

1、画像を配置

2、新規レイヤーを作成(場所は画像の上)

3、白色ブラシ(かなり大きめで硬さはほぼゼロ、散布に設定)で右上辺りに一回塗る。

例の場合のブラシの大きさは1000pxほどです

以上たった3ステップ!

ブラシの設定はブラシパネルで出来ます
ブラシパネル

単純ながら応用が利くので是非色々やって遊んで見てください。

色々な大きさのものをちりばめた場合
応用

描画モードオーバーレイのレイヤーで塗ったものを重ねた場合
オーバーレイを使った工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    ドット絵をボケないように大きくする方法

    ドット絵を大きくすると輪郭がボケてしまい、はじめに作ったドット絵のイメ…

  2. Photoshop

    画像を自然に引き伸ばそう

    コンテンツに応じて拡大・縮小とは?画像サイズが足りなくて、困ったこ…

  3. Photoshop

    モザイクを入れよう!

    フォトショップ(Photoshop)を使って、人の顔とかちょっと見せた…

  4. Photoshop

    髪の毛にツヤを出してみよう

    綺麗に写真は撮れたけどもっと髪の毛にツヤを出したい。そんな時、レイ…

  5. Photoshop

    選んだ色から選択範囲を作ろう[色域指定]

    色域指定とは色域指定とは、画像の中の特定の色を指定して、選択範囲を…

  6. Photoshop

    画像を昔の写真風にしてみた

    技術の進歩で風景をとても綺麗に撮影できるようになった。しかし子供の頃、…

最近の記事

  1. キーマカレー
  2. 遠方の山と手前の山の重なり
  1. Illustrator

    自由変形ツールで影を作ってみよう!
  2. Illustrator

    最近使用したフォントの表示を消す方法
  3. Illustrator

    Illustratorでふきだしを作ってみよう
  4. Illustrator

    パターンブラシ を自作してみる
  5. InDesign

    身近な話題をインデザインで新聞にしてみよう(その①マスターページ)
PAGE TOP