Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

画像に光のエフェクトを足してみよう

使用ソフト: photoshop CC 2018 (CSでも可能)  

普段よく目にする光エフェクトですが、実は単純なものであれば慣れない人でもとっても簡単にできてしまうのです!

数多くのやり方の中でも今回は『特に簡単な』方法を紹介します。

アイキャッチ画像の場合

1、画像を配置

2、新規レイヤーを作成(場所は画像の上)

3、白色ブラシ(かなり大きめで硬さはほぼゼロ、散布に設定)で右上辺りに一回塗る。

例の場合のブラシの大きさは1000pxほどです

以上たった3ステップ!

ブラシの設定はブラシパネルで出来ます
ブラシパネル

単純ながら応用が利くので是非色々やって遊んで見てください。

色々な大きさのものをちりばめた場合
応用

描画モードオーバーレイのレイヤーで塗ったものを重ねた場合
オーバーレイを使った工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    選んだ色から選択範囲を作ろう[色域指定]

    色域指定とは色域指定とは、画像の中の特定の色を指定して、選択範囲を…

  2. Photoshop

    修復ブラシツールとコピースタンプツールの違い

    使いたい写真に、不要なものが写り込んでいたり、傷があったり・・・。…

  3. コーヒーとパン

    Photoshop

    Photoshopの隠し表示第2弾!!コーヒーとパン

    先日のバナナに続いてPhotoshopの隠し表示第2弾!!今回…

  4. 加工後の写真

    Photoshop

    レトロな写真に加工しよう!

    レトロ調の写真加工をPhotoshopで作成する方法をご紹介します…

  5. Photoshop

    横(縦)の長さが足りない写真に背景を追加しよう

    せっかく理想に近い素材写真を見つけたのに、アスペクト比(縦横の比率)が…

  6. Photoshop

    グラデーションマップでかっこよく!写真をツートーンカラーに

    グラデーションマップとはフォトショップのグラデーションマップは写真…

Language

最近の記事

  1. フラットデザインが簡単に作れるフリー素材イラストサイト3選
  1. Illustrator

    What is the “Offset Path” in…
  2. Illustrator

    木目調テクスチャを使おう
  3. Photoshop

    4つのマスクを使いこなそう!マスクの基本操作
  4. ART

    木でQRコードをつくった!
  5. Photoshop

    カスタムブラシでオリジナルのブラシを作ろう
PAGE TOP