Adobeスクールパートナー(ブロンズ)

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

Photoshopで厚塗り!

使用ソフト: Photoshop CS5、clip studio paint  

最近、話題の厚塗りをPhotoshopを使いやっていくぅー!

①モノクロイラストを描こう!

まず、適当にモノクロのイラストを用意します。

ぶっちゃけこの時点で、モノクロのイラストで良いんじゃないか?と思うくらい描き込んでいきます!


描き込む度合いはお好みで。
モノクロの時点で、グラデーションを綺麗にしておくことで色を塗る綺麗に塗れます。

②モノクロにオーバーレイで色を付けていく!

まずは肌から。
モノクロの上に、オーバーレイで肌色を乗せていきます。
筆の描画モードをオーバーレイにして、肌色を乗せていきます。
レイヤーマスクを使い、肌・髪・服とレイヤーで分けていくと塗りやすく調整もしやすいです。

なげなわツールなど使い選択範囲をすることで、決まった範囲で塗ることができるのでレイヤーで分け、塗り分けると楽ですよ。

③乗算で影を落とす。

乗算はかける色を限定しましょう。
このイラストでは、乗算で肌色を顔周りの髪、肌の影、シャツにかけ、透明感を出していきます。

はみ出した部分は、消しゴムツールでしっかり消しましょう。
武器を持っていますが、持ち手が髪と同じ色なのでレイヤーは同じ場所に塗っちゃってます。

同時に少し色調を変えていきます。(色が事前に決まっていれば、この時点で直接レイヤーに色調補正をかけてましょう。)
レイヤーマスクで非破壊処理をすることで、後々色を変えやすいです。

④明るいところにハイライトを入れる

ハイライトは、場所・量によって輪郭が際立ってきます。
光の差し込む位置を考えて調整しながら入れていきましょう。

⑤細かく描き込んでいく

目元・鼻先・口周り・血管が多いところに、赤色を入れリアルに描き込んでいく。
白目は、実際には白ではなく個人差がありますが、だいたい灰色、黄色、薄ピンクなのでこのままで、眼球をそのまま塗りましょう。唇も塗ります。

⑥あとは満足するまで描き込む!

全体的に、輪郭がボヤけてしまう部分はアウトラインを取り、明暗をハッキリさせていきます。
あとは、気にいるまで、色を足し、ぼかしの繰り返しです。
満足したら完成です。

今回は、ブラック背景にスーツを着たキャラクターを塗ったので、おもに肌と髪しか塗っていませんが、参考になったらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    新機能は使えるのか?アートボードの追加

    フォトショップでデザインやドキュメントを作成する作業を複数のアートボー…

  2. Photoshop

    Photoshopで写真を立体物に加工しよう

    Photoshopの3D機能を活用して写真を立体物のように加工する方法…

  3. Photoshop

    PhotoshopCS5で街に風船を飛ばそう

    Photoshopで街に風船を飛ばす方法をご紹介します。1.写真か…

  4. アイキャッチ画像

    Photoshop

    色の置き換えツールを使用して、手軽に一部の色を変更する

    色の置き換えツールの使い方設定の仕方下記の写真を使って色を変更…

  5. Photoshop

    比較明合成を使って花火写真を合成しよう!

    花火といえば夜空にあがっているのを想像しますよね。しかし、比較明合…

  6. Photoshop

    ヴァニシング・ポイントを使った合成画像の作成

    Photoshopの機能の一つ「Vanishing Point」を使用…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP