Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

InDesign

タッチワークスペースを有効活用しよう

使用ソフト: InDesign2022  

制作物のレイアウトを作りたいとき、InDesignに搭載されているタッチワークスペースなら、タッチやマウスなどで直感的にラフやレイアウトを制作できます。

※この機能はInDesign2015(11.2.0.99)以降に追加された機能で、公式アナウンスではInDesign2019(14.0)からInDesign2022(17.0)の場合、「Windows10以上(もしくはMicrosoft Surface pro3)を実行し、画面解像度2160×1440以上のタッチスクリーン対応タブレットやモニターが必要」とされています。
※ただし、現行バージョンであれば解像度1024×768でも、タッチ機能搭載型であれば使用は可能ですが、動作や表示は保証されません。
また、タッチ機能がない場合は、アイコンが表示されず使用できないようなのでご注意ください。

InDesignでドキュメントを開いたら、コントロールパネル右上にある「タッチワークスペースに切り替え」を選ぶか、「ウィンドウ」>「ワークスペース」>「タッチ」で、ワークスペースを切り替えることができます。
タブレットの場合はキーボードを外すなどすると、自動的にタッチワークスペースに切り替わる場合があります。

シンプルな見た目になりました。
ダッチできる以外にも、各種機能が簡易的になり、直感的に操作できるようになります。

ただし、直感的と言っても、いくつかのルールがあります。顕著なのが描画ツールです。
新規ドキュメントを作成、タッチワークスペースで描画ツール(左の指のマーク)を選択してから、マウスや指で下のように書いてみてください。

長方形にドット → 見出しなどの目立つ文章
水平線数本にドット → 本文などテキスト
四角形の中にクロス → 写真や画像
四角形 → 長方形ツールの四角形
正円(3/4あたりで書くのをやめると正しく読み込まれやすい) → 楕円形ツールの正円

ゼスチャーと呼ばれるこれらを描くと、自動的にきれいな形に直され、プレースホルダーやレイアウトの要素に変換されます。他にも種類がいくつかあるので、興味のある方はワークスペース右上の?マークをクリックすると、すべてのゼスチャーを参照することができます。

これらをドラックしたり、パスを操作すれば、位置や大きさも自由に動かすことができます。
逆に決められたゼスチャー以外の図形は無効になり、消えてしまいます。

また、テキストフレームの場合、右隣りにこのようなハンドルが現れます。これを操作すると、フォントサイズを1Q単位で素早く微調整することができます。ハンドルはどこまでも上や下に操作できるので、大きく変えることも可能です。

タブレットの場合や、キーボードを使わなくても、クリックしたテキストフレームの上の三本線や、コントロールパネル右にある「コンテクストメニュー」で、カット、コピー、ペースト、削除が可能です。
コンテクストメニューから、「サンプルテキストの貼り付け」を選ぶと、設定されたサンプル文字が現れます。
それを基準に、フォントサイズやトラッキングの変更など、基本的なタイポグラフィを調整しましょう。

右側のテキストパネルやハンドルから、文字や色などアイコンの通りに操作が可能です。
「サンプルテキストの貼り付け」を繰り返し押すとサンプルの文章が進みますので、句読点の間隔がおかしくないかなど、確認してもよいでしょう。

外出先でタブレットを使う場合や、似たような段落スタイルなどは、CCライブラリを使用すると、効率的に作業ができます。
CCライブラリをクリックすると、収集したアセットを適用したり、ドキュメントから新しいアセットを追加することが可能です。

CCライブラリの中にまだ何もない場合は、右下の+マークから「stockとマーケットプレイスに移動」して、適したアセットを自分のライブラリに追加しましょう。

CCライブラリに追加されたカラーやテキストスタイル、画像を適用するには、オブジェクトを選択し、CCライブラリパネルのアセットをクリックで選択するだけです。
フレームが選択されていない場合は、ドキュメントの中央にアセットが表示されます。

ライブラリにアセットを追加するには、CCライブラリパネルで「新規ライブラリを作成」で追加することができます。
CCライブラリのさらに詳しい使い方は、こちらからどうぞ

保存も、メニューを開いたり、キーボードでやる必要はなく、コントロールパネル左上からワンクリックで可能です。
こまめに保存しておきましょう。

元のワークスペースに戻す場合には、コントロールパネル右上の「タッチ」から、他の設定を選ぶと切り替わります。余談ですが、元のワークスペース以外にも、各編集作業に適したワークスペースが揃っているので、ぜひ活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. InDesign

    ページレイアウト講座

    ドキュメントにページを追加する新規ファイルの作成時にページ数を…

  2. Illustrator

    ロゴ(ビジュアル・アイデンティティ)の作り方と使い方

    ビジネスのためのビジュアル・アイデンティティをデザインするロゴ…

  3. InDesign

    InDezignを使った印刷デザインの基本のポイント

    印刷物には様々なデザインがありますが、InDezignを使って紙媒体を…

  4. InDesign

    Adobe Compについて

    外出先でCompを使ってレイアウトを作成Compを使用すれば、…

  5. InDesign

    チラシ作成をフォーマット化して効率改善

    ビジネス用のチラシを作るチーム内のクリエイティブなアセットを集…

  6. InDesign

    エフェクトでテキストを飾ろう

    目を引くテキストを作るのであれば、目を引くエフェクトが効果的です。…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP