Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

便利機能!フレームで自由に写真を飾ろう!

使用ソフト: Photoshop CC 2022  

デジタルカタログやフリマアプリのバナーって、画像が綺麗に並んでいますよね?
もしくは、様々な形の壁掛けのフレームの中に風景が入っている写真を見たことはありますか?

実は、これらを以前のPhotoshop CSでやろうとすると、結構大変だったりします。
一つ一つクリッピングマスク、もしくは切り抜き。整列が自動では綺麗にならず手動で調整。でも写真が歪んでいたので違う写真を一から切り抜き。別のパターンは別ファイルで管理……。

すごく面倒!じゃないですか?

でも、発展型であるPhotoshop CCなら、これらを簡単に解決できます。

フレームツールを活用する

肝になるのは、CC2019から追加された「フレームツール」です。
InDesignやillustratorでは以前から存在した機能ですが、Photoshopには最後に追加されたため、知らなかった人もいらっしゃるかもしれません。

端的に言うなら、「あらかじめベクトルマスク用のレイヤーを置いておき、後から画像を嵌めることができる」ツールです。
InDesign風に言うなら「プレースフォルダーフレーム」でしょうか。

実際に使用してみましょう。画像を二つ用意します。
背景となる写真の上、別のレイヤーにフレームツールを展開し、中に入れたい写真をドラック&ドロップやコピーペースト、選択して配置をすることで、画像を置くことができます。

左上に作ったフレームツールに、左下の瓶の画像を置いたものと、バッグの画像を置いたもの。パス選択ツールかレイヤーパネルで写真をクリックしデリートすれば、中の写真だけ簡単に入れ替えられる

メリットは「最初から場所と大きさを指定できること」「あとから画像を変えたり、戻したりできること」「枠をコピーできること」
そのため違う画像で何パターンも作ったり、構想を練るなど、作業の幅を増やすことができます。
スマートオブジェクトになるので劣化も防げますし、実際の写真の大きさで整列するクリッピングマスクと違って、枠の大きさで整列するので綺麗に並べられます。

これとアートボード機能を使って、同じ構図で違う写真を用いた、複数パターンのバナー広告風の画像を作ってみましょう。
illustratorのアートボードのように活用することができ、同じファイルの中に違うデータを作ることができるようになります。

新規作成の際、矢印部分の「アートボード」にチェックを入れると、カンバスをアートボードに変換できる

グラデーションなどで背景を作った後、アートボード全体をフレームで囲み、その上に自由にフレームを配置したアートボードを「アートボードを複製」でコピーした後、写真をはめ変えてみましょう。
アートボードを使う場合、背景となるアートボード全体を包むフレームで保護しないと、置いたフレームにアートボードの中身が切り取られてしまうので注意してください。

写真を整え、自由に切り抜く

今度は、もっと実用的な方法を解説します。
使う写真は、綺麗に正面から撮られている事は少ないです。傾いていたり、奥行きがあり過ぎたり……。

綺麗だが、若干左に傾いている

これだと、せっかくフレームにキレイに収めたいのに収まりません。角度を変更すると、写真の端が見切れてしまいます。

こんな時に使うのが、「コンテンツに応じた切り抜き」です。こちらもPhotoshop CCで追加された機能です。
切り抜きツールで写真全体を選択した後、上部バーの「コンテンツに応じる」をクリックしてから、画像を回転させます。
通常の切り抜きでは回転させてできてしまう余白も、周囲の色で自動で補ってくれます。

上の写真と比べてみるとほんの少し角度が変わり、余白が出るはずの右上や左下も自然に修正されている。
角度が大きいとおかしな修正がされることもあるので注意。

奥行きがある写真を正面に持ってくる際は、「遠近法の切り抜きツール」を使用します。
ツールで大まかな四角を作った後、四隅を被写体の隅に合わせます。
斜めに映った看板を、あたかも真正面から取ったように修正することができます。

斜めになってしまった看板。靴やフィットネスの部分を切り抜いてみる


文字がはっきり読めるほど、正面向きになった

「遠近法ワープ」を使えば、写真の撮影位置を変えたようにすることもできます。

少し左上の地点から撮ったかのように変形できた

さらに、写真を納めるフレームの方も、好きな形を作ることができます。
先ほど気が付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、フレームツールには四角と円しかありません。

これを解決するために、曲線ペンツールでハート型のシェイプを使ってみましょう。

通常のペンツールや、図形ツールの円形でシェイプを作ってもいいのですが、曲線ペンツールは、通常のペンツールより素早くなだらかに曲線が引け、図形ツールより自由度が高いです。
途中から通常のペンツールに切り替えることもできるので、曲線ペンツールを併用すれば綺麗に早く仕上がります。

最初の2点は直線ですが、3点目から曲線になります。頂点をダブルクリックすると、辺や頂点の状況によって曲がり方が変わります。曲線ペンツールでハートマークを作りながら、実際に試して確認してください。

できたシェイプを「フレームに変換」をしましょう。これで写真を入れられるようになります。
できない場合はペンツールの指定が「シェイプ」以外の「パス」などになっていることが多いので、気を付けてください。

綺麗な写真を用いるのが一番ですが、毎回上手く写真が撮れるとは限りません。
せっかくのツール、うまく用いれば写真の問題も効率も改善できます。
ぜひ活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    二つの画像を自然に重ねる

    ライオンの画像とシマウマの画像。レイヤーマスクを使い、二つを自然に…

  2. Photoshop

    カットアウトで写真をイラスト風にしてみよう

    Photoshopではフィルターを使って沢山の画像加工ができます。…

  3. Photoshop

    パチスロのグラデーションが美しすぎるのでフォトショで作ってみた

    大当たり感抜群のグラデーションに目を奪われて、実際に自分で作れはしない…

  4. Photoshop

    斜めの画像を正面画像へと補正する方法

    斜めに写ったオブジェクトなどを、正面から見た画像のように見せる方法をご…

  5. 描画モードについて

    Photoshop

    Photoshopの描画モードについて〜前編〜

    いきなりですが、Photoshopのは何種類あるかご存知でしょうか?…

  6. Photoshop

    4つのマスクを使いこなそう!マスクの基本操作

    とても便利なマスクですが、実は4種類あることをご存知ですか?今回はその…

人気の記事

CodeCamp

おすすめの参考書

PAGE TOP