Adobe認定トレーニングセンター

Others

ショートカットキーで作業効率アップ!

 

操作をする時、あなたはマウスを使っていますか?キーボードを使っていますか?
マウスキーボード
マウスを使っていて「作業をもっと楽に早くしたい」と思っている方に是非オススメしたいのが、ショートカットキーの活用です。

1.ショートカットキーは何故便利?
2.これだけでも絶対便利!基本の4つ!!
3.時間勝負!「ショートカットキーVSマウス操作」

1.ショートカットキーは何故便利?

ショートカットキーとは「機能が割り当てられているキー」の事です。
機能は最初から割り当てられている物もありますし、自分で初期設定の変更や新規割り当ても可能です。(ソフトによる)
マウス操作のみで機能を実行する場合は、「マウスでカーソルを動かしてメニューバー等や右クリックから選択して実行の手順」になると思いますが、ショートカットキーを使えばマウスを動かす事なく「対応キーを1〜3個押す」だけで機能が実行出来るという、とても便利なまさに作業の「近道」に欠かせない優れ物なのです。
機能毎にキーを覚えないといけない・使うソフトで異なる物もある、慣れが必要という点がデメリットではありますが、次の項で「これだけでも!」な基本の4つと言えるショートカットをご紹介しますので、実際に使用してメリットを体感してみてください。

2.これだけでも絶対便利!基本の4つ!!

これだけでも知っておくと絶対便利ですよ!という、色々なソフトで使える基本的なショートカットを4つご紹介します。

コピー
mac command+Cwindows Ctrl+C
カット
mac command+Xwindows Ctrl+X
ペースト
mac command+Vwindows Ctrl+V
元に戻す
mac command+Zwindows Ctrl+Z

この4つはメモなどのソフトでも使えますので、実際にやってみてください。

ショートカットキーはたくさんあるので「覚えるのが大変だ」という気持ちになるかと思いますが、全部覚える必要はありません。いきなりたくさん覚える必要もありません。
実際に作業をしてみて、徐々によく使う機能がわかるようになると思うので、まずはこの基本の4つから!少しずつ必要な分だけ覚えていければ大丈夫です。

3.時間勝負!「ショートカットキーVSマウス操作」

1.で書いたように「覚えるまで、慣れるまでがちょっと面倒」というデメリットに対する手間を考えると、言葉で勧められても「別にマウスでいいし」となったとしても仕方ないかと思います。
なので、言葉ではなく数字で!簡単な操作ではありますが差が見えるように、時間勝負をしてみました。

ショートカットキーとマウス操作は同じ機能を使用する場合、
どの程度の時間差が出来るのか?

ラウンド1 コピー&ペーストラウンド2 カット&ペースト

ラウンド1、ラウンド2で「間違った!」となった時には、ショートカットキーでは command(Ctrl)+Z をマウス操作では 「○○の取り消し」か「元に戻す」 を選択してみましょう。

結果発表

<ラウンド1>
ショートカットキー:
使用キー コピー command + C (WindowsはCtrl + C)
ペースト command + V (WindowsはCtrl + V)
時間:2.25秒

マウス操作:メニューバーから選択(コピー1回+ペースト10回)
時間:19.93秒

ショートカットキーの勝ち!
その差→17.68秒

<ラウンド2>
ショートカットキー:
使用キー カット command + X (WindowsはCtrl + X)
ペースト command + V (WindowsはCtrl + V)
時間:25.01秒

マウス操作:マウス右クリックから選択
時間:40.13秒

ショートカットキーの勝ち!
その差→15.12秒

ショートカットキーの圧勝です。

ショートカットキーは便利だよという記事なので当然の結果なのですが、今回の勝負のみで言うと、<ラウンド1>と<ラウンド2>をそれぞれ足すと、ショートカットキーとマウス操作の時間はほぼ倍の差が出ました。
同じ物をコピーし続ける単純作業なんて無いでしょうが、もしも勝負と同じ内容が【仕事】だったとしたら、作業内容が同じでも労働時間が倍、もしくは同じ労働時間で作業量が倍も違うことになります。
あくまで「この勝負では倍の差が出た」という話なだけで、実際の作業でどの程度の時間短縮になるかはわかりません。
しかし、1機能だけでは「微々たる短縮」だとしても、作業を通して見ると「○○分も短縮!?」なんて事になるかもしれません。
その差を1日で、1週間で、1ヶ月で、1年で計算したら…………
それはもう「別にマウスでいいし」とは言えなくなる程の差…かもしれませんよ。

初めは慣れが必要ですが、タイピングと同じで慣れさえすればもう戻れない程に馴染みます。
ぜひ、まずは基本の4つから「ショートカット活用で作業効率アップ」を始めてみてください。

おまけ

アドビ公式サイトに「Photoshop」と「Illustrator」のショートカット早見表があります。
ダウンロードして印刷すると、いつでも見れて便利ですよ。
 Photoshopショートカット早見表
Photoshopショートカット早見表

Illustratorショートカットキー早見表
Illustratorショートカット早見表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. 自然光で撮った人形と本とカメラとクッキー

    Others

    ブツ撮りをしてみよう Vol.1〜自然光ライティング

    最近はSNSで、自分のお気に入りの物や、食べ物をスマホやデジカメで撮っ…

  2. 左右で画面の明るさを分けたハンバーガー

    Others

    適正露出の写真を撮る・前編(絞り、シャッタースピード、ISO感度の関係)

    露出とは何でしょう?スマホで写真を撮ったり、一眼レフやミラーレスカ…

  3. Mac

    Macで簡単にスクリーンショットを撮ろう!フリーソフト「Captur」の使い方

    こちらの記事でご紹介した「Captur」のサイトは2018/8/2現在…

  4. Others

    とても便利な画面共有ソフト「Gyazo」

    さっとデザインを共有したいその時に画面を共有しようと思ってもスクリ…

  5. フラットデザインが簡単に作れるフリー素材イラストサイト3選

    Others

    フラットデザインが簡単に作れるフリー素材イラストサイト3選

    webサイトで良く見かけるフラットデザイン最近のwebサイトで良く…

  6. ART

    木でQRコードをつくった!

    木片を見て、ふと思った。「木の面の陰影で何かできないか…」…

Language

最近の記事

  1. フラットデザインが簡単に作れるフリー素材イラストサイト3選
  1. Illustrator

    パターンブラシ を自作してみる
  2. Photoshop

    Gold Text Effect With Just 2 Layers in P…
  3. Photoshop

    広角補正で写真の歪みを補正しよう
  4. Illustrator

    How to Make Trim Marks (Crop Marks)
  5. Illustrator

    Making Olympic Rings Using Command X and…
PAGE TOP