Adobe認定トレーニングセンター

Others

ショートカットキーで作業効率アップ!

 

操作をする時、あなたはマウスを使っていますか?キーボードを使っていますか?
マウスキーボード
マウスを使っていて「作業をもっと楽に早くしたい」と思っている方に是非オススメしたいのが、ショートカットキーの活用です。

1.ショートカットキーは何故便利?
2.これだけでも絶対便利!基本の4つ!!
3.時間勝負!「ショートカットキーVSマウス操作」

1.ショートカットキーは何故便利?

ショートカットキーとは「機能が割り当てられているキー」の事です。
機能は最初から割り当てられている物もありますし、自分で初期設定の変更や新規割り当ても可能です。(ソフトによる)
マウス操作のみで機能を実行する場合は、「マウスでカーソルを動かしてメニューバー等や右クリックから選択して実行の手順」になると思いますが、ショートカットキーを使えばマウスを動かす事なく「対応キーを1〜3個押す」だけで機能が実行出来るという、とても便利なまさに作業の「近道」に欠かせない優れ物なのです。
機能毎にキーを覚えないといけない・使うソフトで異なる物もある、慣れが必要という点がデメリットではありますが、次の項で「これだけでも!」な基本の4つと言えるショートカットをご紹介しますので、実際に使用してメリットを体感してみてください。

2.これだけでも絶対便利!基本の4つ!!

これだけでも知っておくと絶対便利ですよ!という、色々なソフトで使える基本的なショートカットを4つご紹介します。

コピー
mac command+Cwindows Ctrl+C
カット
mac command+Xwindows Ctrl+X
ペースト
mac command+Vwindows Ctrl+V
元に戻す
mac command+Zwindows Ctrl+Z

この4つはメモなどのソフトでも使えますので、実際にやってみてください。

ショートカットキーはたくさんあるので「覚えるのが大変だ」という気持ちになるかと思いますが、全部覚える必要はありません。いきなりたくさん覚える必要もありません。
実際に作業をしてみて、徐々によく使う機能がわかるようになると思うので、まずはこの基本の4つから!少しずつ必要な分だけ覚えていければ大丈夫です。

3.時間勝負!「ショートカットキーVSマウス操作」

1.で書いたように「覚えるまで、慣れるまでがちょっと面倒」というデメリットに対する手間を考えると、言葉で勧められても「別にマウスでいいし」となったとしても仕方ないかと思います。
なので、言葉ではなく数字で!簡単な操作ではありますが差が見えるように、時間勝負をしてみました。

ショートカットキーとマウス操作は同じ機能を使用する場合、
どの程度の時間差が出来るのか?

ラウンド1 コピー&ペーストラウンド2 カット&ペースト

ラウンド1、ラウンド2で「間違った!」となった時には、ショートカットキーでは command(Ctrl)+Z をマウス操作では 「○○の取り消し」か「元に戻す」 を選択してみましょう。

結果発表

<ラウンド1>
ショートカットキー:
使用キー コピー command + C (WindowsはCtrl + C)
ペースト command + V (WindowsはCtrl + V)
時間:2.25秒

マウス操作:メニューバーから選択(コピー1回+ペースト10回)
時間:19.93秒

ショートカットキーの勝ち!
その差→17.68秒

<ラウンド2>
ショートカットキー:
使用キー カット command + X (WindowsはCtrl + X)
ペースト command + V (WindowsはCtrl + V)
時間:25.01秒

マウス操作:マウス右クリックから選択
時間:40.13秒

ショートカットキーの勝ち!
その差→15.12秒

ショートカットキーの圧勝です。

ショートカットキーは便利だよという記事なので当然の結果なのですが、今回の勝負のみで言うと、<ラウンド1>と<ラウンド2>をそれぞれ足すと、ショートカットキーとマウス操作の時間はほぼ倍の差が出ました。
同じ物をコピーし続ける単純作業なんて無いでしょうが、もしも勝負と同じ内容が【仕事】だったとしたら、作業内容が同じでも労働時間が倍、もしくは同じ労働時間で作業量が倍も違うことになります。
あくまで「この勝負では倍の差が出た」という話なだけで、実際の作業でどの程度の時間短縮になるかはわかりません。
しかし、1機能だけでは「微々たる短縮」だとしても、作業を通して見ると「○○分も短縮!?」なんて事になるかもしれません。
その差を1日で、1週間で、1ヶ月で、1年で計算したら…………
それはもう「別にマウスでいいし」とは言えなくなる程の差…かもしれませんよ。

初めは慣れが必要ですが、タイピングと同じで慣れさえすればもう戻れない程に馴染みます。
ぜひ、まずは基本の4つから「ショートカット活用で作業効率アップ」を始めてみてください。

おまけ

アドビ公式サイトに「Photoshop」と「Illustrator」のショートカット早見表があります。
ダウンロードして印刷すると、いつでも見れて便利ですよ。
 Photoshopショートカット早見表
Photoshopショートカット早見表

Illustratorショートカットキー早見表
Illustratorショートカット早見表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Mac

    Macで簡単にスクリーンショットを撮ろう!フリーソフト「Captur」の使い方

    こちらの記事でご紹介した「Captur」のサイトは2018/8/2現在…

  2. Mac

    フリーソフト「Clipy」はコピー&ペーストを保存する画期的ソフト

    テキストをコピー&ペーストするとき、普通はコピーは直前にした一回しか出…

  3. Others

    キーボードの操作を画面に表示しよう!フリーソフト「KeyCastr」

    IllustratorやPhotoshopを教える時に、今どういうショ…

  4. ART

    木でQRコードをつくった!

    木片を見て、ふと思った。「木の面の陰影で何かできないか…」…

  5. Mac

    「タブ」を使ってMacのFinderを使いこなす!作業効率格段アップ!

    Macで色々Finderを開くと、何を開いているのか分からなくなったり…

  6. Illustrator

    【挑戦】ペンツールの練習 1分間であなたはできる?

    ペンツールを使って、完成できますか?挑戦してみてください!3つ…

最近の記事

  1. Illustrator

    パターンのみを変形する
  2. Mac

    Macで簡単にスクリーンショットを撮ろう!フリーソフト「Captur」の使い方
  3. Photoshop

    髪の毛にツヤを出してみよう
  4. Illustrator

    インド国旗を作ろう!その③
  5. Photoshop

    ゴールドの作り方 レイヤーはたった2枚!
PAGE TOP