Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

Photoshopで氷を作る

使用ソフト: Photoshop CC 2020  

1.ベースになる形を作る


文字でもシェイプでも良いのでベースになる形を作ります。
今回は文字で進めます。

 

2.雲模様を作る

新規レイヤーを作成し、スウォッチを白と黒にし、「フィルター」→「描写」→「雲模様1」で雲模様を作ります。
その後、下の文字を作ったレイヤーにクリッピングマスクします。

 

4.フィルターで加工する

雲模様を描写したレイヤーを選び、「フィルター」→「フィルターギャラリー」→「アーティスティック」→「ラップ」を選びます。
ラップの値は「ハイライトの強さ:14」「ディティール:2」「滑らかさ:12」くらいに設定します。

適用するとこんな感じになります。

「レイヤー」から「グラデーションマップ」を新規で作ります。
グラデーションは薄い青をお好みで選択してください。


先ほどフィルターギャラリーで加工したレイヤーを複製し、
そのレイヤーもフィルターをかけます。
「フィルター」→「フィルターギャラリー」→「変形」→「ガラス」を選び、
「ゆがみ:8」「滑らかさ:2」「テクスチャ:霜付」「拡大・縮小:100%」に選択します。


フォルターを適用し、レイヤーを1番上に持って行き、レイヤーの描写を「オーバーレイ」にします。

 

5.レイヤースタイルの変更をする

文字のレイヤーを選択し、レイヤースタイルの変更をします。
「光彩(内側)」を選び、「描写モード:上算」に「不透明度:48%」、カラーに青みがかったグレーを選択します。
「輪郭:角丸ステップ」に変更します。

「べベルとエンボス」を選び「スタイル:ベベル(内側)」「テクニック:シゼルソフト」「深さ:657%」「方向:下」「サイズ:8px」「ソフト:6px」
「角度:120°」「高度:30°」「光沢輪郭:ローリングスロープ – 下向き(アンチエイリアスにチェック)」を選択し、
「ハイライトのモード:スクリーン」にしてカラーは白にする。
「シャドウのモード:乗算」にしてカラーはネイビーにする。

「べベルとエンボス」の「輪郭」を選び「輪郭:くぼみ ‐ 深く」「範囲:46%」にする。

「べベルとエンボス」の「テクスチャ」を選び「パターン:砂利」「比率:100%」「深さ:+100%」にします。

「グラデーションオーバーレイ」を選び「描写モード:オーバーレイ」「不透明度:43%」「グラデーション:虹色_12(ラベンダーと水色のグラデーション)」にします。

 

完成

これで完成です。
あとはお好みで背景色と冷気を描写すると雰囲気が出ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. 手描き風のコーヒーの画像

    Photoshop

    写真を手描き風に加工してみよう

    今回はPhotoshopを使って写真を手描きのイラスト風に加工する方法…

  2. Photoshop

    画像に光のエフェクトを足してみよう

    普段よく目にする光エフェクトですが、実は単純なものであれば慣れない人で…

  3. Photoshop

    写真を水彩画風にする

    写真を水彩画風に加工する方法をご紹介します。絵が書けない人でも…

  4. Photoshop

    ドット絵をボケないように大きくする方法

    ドット絵を大きくすると輪郭がボケてしまい、はじめに作ったドット絵のイメ…

  5. 描画モードについて

    Photoshop

    Photoshopの描画モードについて〜後編〜

    前編に引き続き描画モードについて後半の13種類の解説をしていきます。…

  6. Photoshop

    髪の毛にツヤを出してみよう

    綺麗に写真は撮れたけどもっと髪の毛にツヤを出したい。そんな時、レイ…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP