Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

InDesign

InDesignで素早く凝ったオブジェクトを作りたい!

 

illustratorは使ったことあるけど、InDesignはよく知らない。
illustratorとツールがだいぶ違うけど、どこまでできて、何が違うの?
そんな方にむけて、今回はオブジェクトの形に関して、どこが違うのか解説して行きます。

※本記事はillustratorを使用したことがある方向けに解説しています。

プロパティパネルを使う

InDesignは、印刷物作成向けの作られた、illustratorのほぼ上位互換ソフトです。illustratorと比べて文章やページを扱う機能が強化されており、illustratorが使えれば、InDesignも使いこなすことができると言われています。

しかし、見てお分かりの通り、左側のツールが全然違います。オブジェクトに関しては、むしろ減っています。
特に顕著なのは、「長方形ツール」を長押しして出てくるはずの「角丸長方形ツール」がない事。これでは一見、角丸長方形を作れないように見えます。
しかし、プロパティパネルを使えば、問題なく作ることができます。

ワークスペースをインタラクティブモードか、テキスト編集モードにすると、操作がしやすいです。ワークスペースの切り替え方法に関してはこちらから。

まずは長方形ツールで適度な大きさのオブジェクトを作りましょう。
次に、右に出ているプロパティパネルの一番下、クイック操作から「シェイプの変換」をクリックします。すると、様々な形が選択できるようになります。

Illustratorと同様の角丸長方形から、角を落とした面取り長方形、内側にへこむ角丸長方形内側といったInDesign独自の形、さらには、長方形ツールで指定したフレームの大きさで、三角形や楕円、星形などが、手軽に作ることができます。
線と対角線以外は、何度でも選び直すことができます。

複数のオブジェクトを選択すれば、グループやパスファインダーといった機能もプロパティパネルに現れます。

メリットは素早く作れることと、大きさの概算を長方形で出せること。
長方形から変更できるので、まずはドキュメント上に長方形を配置していって、そのあとからイメージを考え好きなオブジェクトに変更できる点です。

文字組ツールでクリックすれば、そのままテキストフレームにもなりますので、お勧めです。

ワークスペースをインタラクティブモードやテキスト編集モードにしている方なら、プロパティパネルは常時右側にあるので、いちいち開くよりも活用しやすいかと思われます。

ただし、多角形を選択すると、以前に使用した多角形の設定になってしまいます。
新たに六角形などを作りたい場合はプロパティではなく、ツールパネルを長押しor右クリックで、長方形ツールを多角形ツールに変更、ドキュメント上でクリック、ホップアップで星形の比率をゼロ、角の数を6にするなど、細かく設定してください。

コーナーオプションを使う

illustratorとの違いですが、マウスとプロパティパネルだけでは、角丸を調整したり、偏った角丸が作れないことにあります。
illustratorでは、角丸長方形を作った後、一片を引き延ばすと、角の偏った角丸長方形が作れました。

しかし、InDesignでは、角丸のサイズをそのままでは変更できないため、どれだけ大きくしても角丸は同じ半径、四分の一正円のままです。

大きさを変更するためには、アプリケーションバー(上辺)の「オブジェクト」>「コーナーオプション」を使用します。

偏った角丸を作る場合は、ダイレクト選択ツールで各辺を調整する必要がありますが、これに関してはほぼフリーハンドなので、InDesignがillustratorに勝てない部分でもあります。

ですが、前述したコーナーオプションを使うと、大きさだけでなく、さらに細かく図形の角を変えることができます。珍しいものでは角(内側)や飾り、といった角のオプションもあります。

これを使って、縦10センチ、横8センチのヒトデを作ってみましょう。

多角形ツールで、設定を頂点の数5、星形の比率50パーセントに設定しオブジェクトを作った後、線の太さを見やすいように0.5以上にしましょう。
コーナーオプションを開き、角丸外側、角の大きさ10ミリに設定しましょう。
InDesignで作ったオブジェクトの角の大きさは、引き伸ばしても変わらないので、最後にプロパティパネルで大きさを合わせて出来上がりです。

InDesignを使いこなして、精巧なオブジェクトを作りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. InDesign

    雑誌の為のページの基本

    InDesignは、illustratorと比べて、文章やページに関す…

  2. InDesign

    InDesignのテキストを組む前にやっておきたい各種設定

    テキストを文字ツールで入力するとき、「あれ?なんかおかしい」「テキスト…

  3. InDesign

    ポストカードを作ろう

    ポストカードや絵葉書を作る際にポイントとなる機能を紹介します。…

  4. InDesign

    ページレイアウト講座

    ドキュメントにページを追加する新規ファイルの作成時にページ数を…

  5. InDesign

    脚注の作成

    脚注は、テキスト内に表示される脚注参照番号と段の下部に表示される脚注テ…

  6. InDesign

    Adobe Compについて

    外出先でCompを使ってレイアウトを作成Compを使用すれば、…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP