Adobeスクールパートナー(ブロンズ)

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Illustrator

和柄パターン(算木崩し)の作り方

 

和柄パターンを作る前に少しスウォッチパターンの特性について説明します。
正方形四つを均等に間を空けてスウォッチパターンに登録すると、

外側がくっついてしまいこのようになります。

そのような時は、透明オブジェクト(塗りナシ・線ナシ)をパターン柄の一回り大きく作り、最背面に置くと透明オブジェクトに反映され均等に間が空きます。
今回はわかりやすく透明部分を黒色に置き換えます。

黒色の部分が反映される所と考えるとわかりやすいと思います。

この特性を活かして和柄「算木崩し」を作っていきたいと思います。

「算木崩し」とは、、、
和算で用いられた計算の道具で算木と言うものがあり
算木を崩した形から算木崩しと呼ばれます。

算木崩し(さんぎくずし)パターンの作り方

スマートガイドを「ON」にしておきます。

長方形ツールを使い[幅:4px 高さ:16px]のオブジェクトを作ります。

オブジェクトを選択し[オブジェクト]→[変形]→[移動]

[水平方向:6px 垂直方向:0px]入力 コピーをします。

[オブジェクト]→[変形]→[変形の繰り返し]

出来た3個のオブジェクトを選択し
[オブジェクト]→[変形]→[移動]

[水平方向:18px 垂直方向:0px]入力 コピーをします。

次に[回転ツール]を使い[角度:90°]にします。

6個のオブジェクトを選択し
[オブジェクト]→[変形]→[移動]
[水平方向:0px 垂直方向:18px]入力 コピーをします。

[回転ツール]を使い[角度:180°]にします。

全てのオブジェクトをグループにします。

最背面に入る透明オブジェクトを作ります。
[長方形ツール]→[幅:36px 高さ:36px]を作り、塗り・線はナシにします。

[オブジェクト]→[重ね順]→[最背面へ]にします。

全てのオブジェクトを選択し、整列パネルから
[水平方向中央][垂直方向中央]を選択。

スウォッチパネルにドラッグして
パターンスウォッチに登録します。

これで算木崩し柄がパターン化されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. アルミの質感を作ろう

    Illustrator

    本物そっくり!?アルミの質感を再現しよう

    今回は簡単に作れてしまうアルミの質感について解説をします!アルミと…

  2. Illustrator

    グランジ加工でかすれたような表現をしてみよう

    今回は、Illustratorで簡単にグランジ表現のやり方の紹介です。…

  3. Illustrator

    切り抜きツールを使ってみよう!

    今回は、Photoshopの機能。切り取りツールの紹介です。は、ト…

  4. Illustrator

    楕円形ツールで作るリアルな雲の作り方

    楕円形ツールで楕円を重ねて、パスファインダーで合体すれば、漫画のような…

  5. Illustrator

    袋文字の作りかた

    今回はIllustratorで袋文字の作り方をご紹介します。袋…

  6. イラストレーターで桜を描こう

    Illustrator

    Illustratorで桜を描こう

    桜を描く手順1:楕円形ツールでパスを描くツールパネル &g…

人気の記事

CodeCamp

おすすめの参考書

PAGE TOP