Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

和柄パターン(算木崩し)の作り方

 

和柄パターンを作る前に少しスウォッチパターンの特性について説明します。
正方形四つを均等に間を空けてスウォッチパターンに登録するが、

外側がくっついてしまいこのようになります。

そのような時は、透明オブジェクト(塗りナシ・線ナシ)をパターン柄の一回り大きく作り、最背面に置くと透明オブジェクトに反映され均等に間が空きます。
今回はわかりやすく透明部分を黒色に置き換えます。

黒色の部分が反映される所と考えるとわかりやすいと思います。

この特性を活かして和柄「算木崩し」を作っていきたいと思います。

「算木崩し」とは、、、
和算で用いられた計算の道具で算木と言うものがあり
算木を崩した形から算木崩しと呼ばれます。

算木崩し(さんざくずし)パターンの作り方

スマートガイドを「ON」にしておきます。

長方形ツールを使い[幅:4px 高さ:16px]のオブジェクトを作ります。

オブジェクトを選択し[オブジェクト]→[変形]→[移動]

[水平方向:6px 垂直方向:0px]入力 コピーをします。

[オブジェクト]→[変形]→[変形の繰り返し]

出来た3個のオブジェクトを選択し
[オブジェクト]→[変形]→[移動]

[水平方向:18px 垂直方向:0px]入力 コピーをします。

次に[回転ツール]を使い[角度:90°]にします。

6個のオブジェクトを選択し
[オブジェクト]→[変形]→[移動]
[水平方向:0px 垂直方向:18px]入力 コピーをします。

[回転ツール]を使い[角度:180°]にします。

全てのオブジェクトをグループにします。

最背面に入る透明オブジェクトを作ります。
[長方形ツール]→[幅:36px 高さ:36px]を作り、塗り・線はナシにします。

[オブジェクト]→[重ね順]→[最背面へ]にします。

全てのオブジェクトを選択し、配列パネルから
[水平方向中心][垂直方向中心]を選択。

スウォッチパネルにドラッグして
パターンスウォッチに登録します。

これで算木崩し柄がパターン化されました。

おつかれさまでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    破線・点線の作り方

    簡単な操作で様々な形状の破線や点線を描写できるイラストレーターの機能を…

  2. Illustrator

    Illustratorでスピログラフを作ってみよう

    Spirographースピログラフスピログラフとは、この美しい幾何…

  3. Illustrator

    便利なヘルプ機能

    あれ?えーと・・・。どこだったっけ・・・?Illustratorや…

  4. Illustrator

    袋文字の作りかた

    今回はIllustratorで袋文字の作り方をご紹介します。袋…

  5. Illustrator

    テキストの中にオブジェクトを配置する方法

    イラレで文章を作成する際、周りにオブジェクトを配置してしまうとオブジェ…

  6. ハート、クローバー、スペード、ダイヤのオブジェクトの画像

    Illustrator

    パスファインダーを使ってみよう

    今回はIllustratorのパスファインダーという機能を紹介します。…

CodeCamp

最近の記事

  1. Illustrator

    同じ色のオブジェクトだけをまとめて選択する方法
  2. Photoshop

    ゴールドの作り方 レイヤーはたった2枚!
  3. Photoshop

    横(縦)の長さが足りない写真に背景を追加しよう
  4. Photoshop

    Photoshopで雪を降らせてみよう
  5. Photoshop

    破壊処理と非破壊処理の違い
PAGE TOP