Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

楕円形ツールで作るリアルな雲の作り方

使用ソフト: Illustrator CC 2018  

楕円形ツールで楕円を重ねて、パスファインダーで合体すれば、漫画のような可愛い雲ができますが、今回紹介するのはもうちょっとリアルな雲。

ふわふわした雲を描くのは難しそうですが、楕円形ツールを使うだけで簡単に描くことができます。ペンツールで雲の形を描く必要がないので簡単であっという間にできてしまいます!

操作方法

1. 楕円形ツールで白い丸を描きます。

2. メニューから[効果] → [パスの変形]→[ラフ]を選択し、5%のサイズに適用します。

3. 続いて、[効果] → [パスの変形]→[ランダム・ひねり]を適用します。

4. さらに、[効果] → [ぼかし]→[ガウス]を適用します。15~30ピクセルが雲っぽい。

5. 最後に、[アピアランス]パネルの [不透明度]をクリックして[スクリーン]90%ほどにして少し透けさせます。

ポイント
雲のオブジェクトを選択した状態で、グラフィックスタイルパネルにドラッグ&ドロップしてグラフィックスタイルに登録しましょう。適当に楕円を描いて、登録したグラフィックスタイルを適用すれば、同じアピアランスで雲ができて便利です。

6. 影をつけるには、雲をコピーして、[塗り]を黒に、[不透明度]を5%~10%ほどに薄めます。適当な位置に配置。

7. 作った雲を複製します。楕円の大きさを変えたり、変形することでより雲らしくなります。ガウスの数値や不透明度を変えてみるとより豊かな表現に。背景の青空にグラデーションをかけるとより空っぽくなります。

雲が楕円だけで作られていることがわかります。

コツさえ掴めば、簡単な操作でリアルな雲が表現できます。雲に限らず、煙や霧に応用が効くのでぜひ活用してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    テキストの中にオブジェクトを配置する方法

    イラレで文章を作成する際、周りにオブジェクトを配置してしまうとオブジェ…

  2. Illustrator

    切り抜きツールを使ってみよう!

    今回は、Photoshopの機能。切り取りツールの紹介です。は、ト…

  3. Illustrator

    パターンブラシ を自作してみる

    イラストレーターには、描いた線を装飾してくれるブラシというものが用意さ…

  4. Illustrator

    Illustratorでスピログラフを作ってみよう

    Spirographースピログラフスピログラフとは、この美しい幾何…

  5. Illustrator

    Illustratorでふきだしを作ってみよう

    ふきだしふきだし、吹き出し、フキダシ。英語では"Speech Ba…

  6. Illustrator

    最近使用したフォントの表示を消す方法

    Illustratorでフォントを選ぶ時、上部に履歴が表示されますよね…

CodeCamp

最近の記事

  1. 黄色いバラの花
  2. 左右で画面の明るさを分けたハンバーガー
  1. Illustrator

    タブ機能を理解する
  2. Photoshop

    「ぼかし」をかけよう!
  3. Illustrator

    楕円形ツールで作るリアルな雲の作り方
  4. Mac

    「QuickTime Player」でパソコン画面を録画しよう!
  5. Illustrator

    巻三つ折り用ガイドの作り方
PAGE TOP