Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

飛び出す写真を作ってみよう

使用ソフト: Photoshop CS5  

飛び出す写真の作り方を今回紹介したいと思います。

まず、レイヤー1と写真の複製レイヤーを作ります。
レイヤー1と画像の複製レイヤーを作ります。

レイヤー1で枠を作ります。
[長方形選択ツール]で大体の大きさと位置の設定をします。(後で変更できます。)
長方形ツールで枠の大体の場所と大きさを設定します。
設定したら[編集]→[境界線を描く]で枠を作ります。
編集→境界線を描くで枠を作ります。
位置は、内側にチェック。太さは、好みの太さでOKです。

枠線を描いたら[編集]→[変形]→[遠近法]を選択して枠線の形や位置を調整します。
編集→変形→遠近法を選択して枠の形や位置を調整します
位置調整ができたら枠の完成です。
調整したら枠は準備OKです。

次に、飛び出すメインの写真編集です。
レイヤーを[複製したレイヤー]に変更し
飛び出させたい部分と枠内を[クイック選択ツール]などで囲います。
レイヤーを[複製したレイヤー]に変更し
てから飛び出させたい部分と枠内を[クイック選択ツール]などで囲います。
囲ったら右クリックで[選択範囲をコピーしたレイヤー]を選択します。
囲い終わったら右クリックで選択範囲をコピーしたレイヤーを選択します。
選択すると先ほど選択した範囲の[切り抜きレイヤー]ができます。
選択すると囲っていた部分を切り抜いたレイヤーができます。
レイヤー並びを上から[切り抜きレイヤー]→[枠レイヤー]にして
背景の色などを変更すれば
飛び出す写真の完成です。
普通に猫が飛んでる写真が紹介した編集で跳躍力が出ました。

簡単なので是非思い出の写真などを使って一味違う写真にしてみてくださいね!
ただジャンプしている写真でも今回紹介した編集で素敵な一枚に仕上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    広角補正で写真の歪みを補正しよう

    Photoshopで写真の歪みを修正する方法に、レンズ補正がありますが…

  2. Photoshop

    修復ブラシツールとコピースタンプツールの違い

    使いたい写真に、不要なものが写り込んでいたり、傷があったり・・・。…

  3. Photoshop

    雷を作ってみよう

    簡単に出来る雷の作り方を紹介します。雷を作るまず、雷のベー…

  4. Photoshop

    ドット絵をボケないように大きくする方法

    ドット絵を大きくすると輪郭がボケてしまい、はじめに作ったドット絵のイメ…

  5. 隠しアイコン「バナナ」を表示させてみよう

    Photoshop

    Photoshopの隠しツールバー「バナナ」を表示させよう

    今回はアドビの小さな遊びごごろを紹介します!Photoshop C…

  6. 昔の映像風な画像加工をしよう

    Photoshop

    昔の映像のような画像加工をしてみよう

    Photoshopを使用していると沢山の画像を「昔風」にする機能があり…

人気の記事

  1. Photoshop

    How to Edit Photos with Vanishing Point
  2. Illustrator

    インド国旗を作ろう!その①
  3. Photoshop

    新機能は使えるのか?アートボードの追加
  4. Photoshop

    Make It Snow With Photoshop Brushes
  5. 左右で画面の明るさを分けたハンバーガー

    Others

    適正露出の写真を撮る・前編(絞り、シャッタースピード、ISO感度の関係)
PAGE TOP