Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

飛び出す写真を作ってみよう

使用ソフト: Photoshop CS5  

飛び出す写真の作り方を今回紹介したいと思います。

まず、レイヤー1と写真の複製レイヤーを作ります。
レイヤー1と画像の複製レイヤーを作ります。

レイヤー1で枠を作ります。
[長方形選択ツール]で大体の大きさと位置の設定をします。(後で変更できます。)
長方形ツールで枠の大体の場所と大きさを設定します。
設定したら[編集]→[境界線を描く]で枠を作ります。
編集→境界線を描くで枠を作ります。
位置は、内側にチェック。太さは、好みの太さでOKです。

枠線を描いたら[編集]→[変形]→[遠近法]を選択して枠線の形や位置を調整します。
編集→変形→遠近法を選択して枠の形や位置を調整します
位置調整ができたら枠の完成です。
調整したら枠は準備OKです。

次に、飛び出すメインの写真編集です。
レイヤーを[複製したレイヤー]に変更し
飛び出させたい部分と枠内を[クイック選択ツール]などで囲います。
レイヤーを[複製したレイヤー]に変更し
てから飛び出させたい部分と枠内を[クイック選択ツール]などで囲います。
囲ったら右クリックで[選択範囲をコピーしたレイヤー]を選択します。
囲い終わったら右クリックで選択範囲をコピーしたレイヤーを選択します。
選択すると先ほど選択した範囲の[切り抜きレイヤー]ができます。
選択すると囲っていた部分を切り抜いたレイヤーができます。
レイヤー並びを上から[切り抜きレイヤー]→[枠レイヤー]にして
背景の色などを変更すれば
飛び出す写真の完成です。
普通に猫が飛んでる写真が紹介した編集で跳躍力が出ました。

簡単なので是非思い出の写真などを使って一味違う写真にしてみてくださいね!
ただジャンプしている写真でも今回紹介した編集で素敵な一枚に仕上がります。
閲覧ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    ゴールドの作り方 レイヤーはたった2枚!

    一見手の込んだように見えるゴールドですが、Photoshopのレイヤー…

  2. Photoshop

    4つのマスクを使いこなそう!マスクの基本操作

    とても便利なマスクですが、実は4種類あることをご存知ですか?今回はその…

  3. Photoshop

    選んだ色から選択範囲を作ろう[色域指定]

    色域指定とは色域指定とは、画像の中の特定の色を指定して、選択範囲を…

  4. Photoshop

    破壊処理と非破壊処理の違い

    検索数の多い「写真の縁をぼかす」方法について、今回は、このような写…

  5. Photoshop

    画像を自然に引き伸ばそう

    コンテンツに応じて拡大・縮小とは?画像サイズが足りなくて、困ったこ…

  6. Illustrator

    便利なヘルプ機能

    あれ?えーと・・・。どこだったっけ・・・?Illustratorや…

最近の記事

  1. Illustrator

    ワープを使って球体に模様をつける
  2. Photoshop

    画像を自然に引き伸ばそう
  3. InDesign

    身近な話題をインデザインで新聞にしてみよう(その①マスターページ)
  4. Illustrator

    再配色を使って色を変えてみよう
  5. Photoshop

    修復ブラシツールとコピースタンプツールの違い
PAGE TOP