Adobe認定トレーニングセンター

クリスタルを埋め込んだ文字を作ろう

Illustrator

クリスタルを埋め込んだ文字を作ろう~part2~

使用ソフト: Illustrator CC2020  


part1に引き続きpart2を進めていきます!

1.最上部の塗りと、中央の塗りにハイライトを作成します。
ハイライト
はじめに最上部の[塗り]を複製して、複製した下の方の塗りを[ホワイト]に設定します。
次にメニューから[効果]→[パスの変形]→[変形]を表示させ、上左の画像のように設定します。
同じように中央の塗りにも同様の操作を行いますが、この時に[移動セクション]を[水平方向:0mm][垂直方向:-0.5mm]に設定します。
ハイライトをつけることによって立体感が出ます。
ここまでの作業で上右の画像のように[塗り]が5つになります。

2.クリスタルにシャドウを適用します。
シャドウの適用
[アピアランス]パネルの最上部の[塗り]を選択し、メニューから[効果]→[スタイライズ]→[光彩(内側)]を選択し、上の画像の数値に設定します。
シャドウの設定後
いい感じに仕上がってきました!

3.クリスタルにコントラストをつけます
コントラスト
[アピアランス]パネルの最上部の塗りを複製します。複製した上の方の[塗り]にグラデーションを適用します。
[種類:線形][角度:45°]
[位置/0 C:0 M:0 Y:0 K:0]
[位置/10 C:0 M:0 Y:0 K:100]
[位置/20 C:0 M:0 Y:0 K:50]
[位置/30 C:0 M:0 Y:0 K:100]
[位置/40 C:0 M:0 Y:0 K:0]
[位置/50 C:0 M:0 Y:0 K:100]
[位置/60 C:0 M:0 Y:0 K:50]
[位置/70 C:0 M:0 Y:0 K:100]
[位置/80 C:0 M:0 Y:0 K:0]
[位置/90 C:0 M:0 Y:0 K:100]
[位置/100 C:0 M:0 Y:0 K:50]
※中間点は全て50%です
不透明度を設定後
グラデーションの塗りに対して[透明]パネルから[不透明度:75%][描画モード:オーバーレイ]を設定します。
そうすると上の画像のようになります。

4.外側にドロップシャドウを適用します。
ドロップシャドウ
最下部の[塗り]に対してメニューから[効果]→[スタイライズ]→[ドロップシャドウ]を表示させて上の画像の数値に設定をします。

これで完成です!

あとはお好みでグラデーションを変更してみて思い通りのクリスタル文字を作ってみましょう!
その際に[グラフィックスタイル]に登録をしておくと使い回しが可能です!
自由なアレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    Illustratorで作るネオン文字加工

    昨今、80'sや90'sなどの流行がリバイバルされています。そうし…

  2. Illustrator

    斜めにカットされたオブジェクト同士の幅を指定する方法

    オブジェクトのセグメントが斜めにカットされている場合、その間隔を数値指…

  3. Illustrator

    スターツールで作る丸い花のイラスト

    スターツールを応用すれば、 丸くてかわいらしいお花が簡単に作れます。…

  4. 印鑑風

    Illustrator

    使い方自由!!Illustratorで作るオリジナルスタンプ

    今回は様々な場面に使用できる簡単オリジナルスタンプについて解説します!…

  5. Illustrator

    Illustratorでふきだしを作ってみよう

    ふきだしふきだし、吹き出し、フキダシ。英語では"Speech Ba…

  6. Illustrator

    あるとちょっと便利な簡単リボンの作り方。

    ワンポイントになるリボンの簡単な作り方をご紹介します。Illu…

Language

最近の記事

  1. フラットデザインが簡単に作れるフリー素材イラストサイト3選
  1. 昔の映像風な画像加工をしよう

    Photoshop

    How to Create VHS Glitch Effect in Photo…
  2. Illustrator

    フリーハンドで絵を描こう!(鉛筆ツール)
  3. Illustrator

    インド国旗を作ろう!その①
  4. Illustrator

    文字タッチツールを使って面倒な文字組みを簡単に!
  5. Illustrator

    How to Map Symbols to 3D Objects
PAGE TOP