Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

Illustratorで虹を作ろう

使用ソフト: Illustrator CC 2018  

虹の色数は何色だと思いますか?
一般的には”七色の虹”と表現されることもありますので、7色だと思う方が多いのではないでしょうか。物理学の視点から考えると、自然の中の虹の色は無限にある、と見るのが正しいようです。

虹の色を赤、オレンジ、黄色、緑、水色、青、紫の7色と最初に定義したのは物理学者のニュートンだと言われています。7色にした理由としては、当時”7”が神聖な数と考えられていたからだそうです。ドレミの音階もドレミファソラシドの7つですね。

日本でも5色(古くは8色や6色)と捉える時代もあったようです。
現在のアメリカでは一般的に赤、オレンジ、黄、緑、青、紫の6色と認識されています。
遠い昔に、虹の色を何色と捉えるのかついて議論する先人たちのことを考えるとわくわくしますね。

今回、Illustratorで虹を作ってみたいと思います。
まずはニュートン式の赤、オレンジ、黄色、緑、水色、青、紫の7色でやってみましょう。

虹の作り方

Illustratorを立ち上げ、[ツールパネル]>[楕円形ツール]を使用して正円を二重になるよう作成します。

楕円形ツール
円

[メニューバー]>[オブジェクト]>[ブレンド]>[ブレンドオプション]を選択し、ブレンドオプションパネルを表示します。

ブレンド

ブレンドオプションパネルをステップ数[6]に設定し、[OK]を選択します。

ブレンドオプションパネル

ブレンドの効果が適用されました。

ブレンド

再度、[メニューバー]>[オブジェクト]>[ブレンド]から、[拡張]を選択します。

ブレンド

ブレンドの拡張が適用され、オブジェクトが個々に分割されました。

ブレンドの拡張

それぞれのオブジェクトに、赤、オレンジ、黄色、緑、水色、青、紫、の順で外側のオブジェクトからカラーを設定します。

虹

長方形ツールを使用して、虹のオブジェクトの上半分を覆います。

オブジェクトの全てを選択した状態で、[メニューバー]>[オブジェクト]>[クリッピングマスク]から、クリッピングマスクを作成しオブジェクトの下半分を消去します。

 

クリッピングマスク

7色の虹の完成です!

虹

少し質感を変えてみたいと思います。
クリッピングマスクを作成する前の状態で、オブジェクト全体にぼかしをかけてみます。
[メニューバー]>[効果]>[ぼかし]>[ぼかし(ガウス)…]を選択してぼかしパネルを表示し、半径を3pxelに設定し[OK]を選択します。

ぼかし

ふわっとした質感の、パステル画のような虹になりました。
透明度を高くしたり質感や色を変えて変化を楽しんでみてください^^

虹

以上で、虹の作り方の説明を終了します。
おつかれさまでした!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    金色(GOLD)のグラデーションを作ってみよう

    Illustratorで文字を金色にする事って案外多くないですか?…

  2. Illustrator

    Illustratorでスピログラフを作ってみよう

    Spirographースピログラフスピログラフとは、この美しい幾何…

  3. Illustrator

    【左右対称・上下対称】鏡面描画が便利です

    左右または上下対称のイラストなどを作成する時、半分だけ作ってコピー+反…

  4. Illustrator

    【挑戦】ペンツールの練習 1分間であなたはできる?

    ペンツールを使って、完成できますか?挑戦してみてください!3つ…

  5. Illustrator

    シンボル化してみよう

    パスで作ったイラストなどを簡単にシンボル化することができる方法の紹介で…

  6. Illustrator

    ワープを使って球体に模様をつける

    ワープイラストレーターの「ワープ」とは、オブジェクトの見た目を変形…

最近の記事

  1. 無料(フリー)の写真素材おすすめサイト! 商用利用も可能

    Others

    無料(フリー)の写真素材おすすめ4サイト! 商用利用も可能
  2. Illustrator

    「鉛筆ツール」で直線を描こう!
  3. 上付き文字や下付き文字を使おう

    Illustrator

    上付き文字や下付き文字を使おう
  4. Photoshop

    レンズ補正で写真の歪みを直そう
  5. Illustrator

    パターンブラシ を自作してみる
PAGE TOP