Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

DTP

オブジェクトにトンボをつけよう

使用ソフト: Illustrator CC 2018  

トンボについて

印刷物を作成する際に、仕上がりサイズや断裁する位置、中央や四隅につける印のことをトンボ(トリムマーク)と言います。
通常、仕上がりサイズよりも大きい用紙に印刷し、断裁する際にはコーナートンボに合わせて仕上がりサイズで断裁します。
コーナートンボには、仕上がりサイズを表す内トンボと、塗り足し部分を表す外トンボとがあり、その間隔は3mmに設定するのが一般的です。
また、多色印刷の際には全ての版にトンボを印刷し、センタートンボに合わせて版がずれないように見当合わせをします。

トンボ

トンボの線幅は通常0.1mmまたは0.3ptに設定し、カラーはレジストレーションカラーを選択します。
レジストレーションカラーはスウォッチパネルから選択でき、レジストレーションカラーを使用することですべての版にトンボを出力することができます。

レジストレーションカラー

トンボの種類

トンボには”日本式”と”西洋式”の二つがあり、メニューバーの[IllustratorCC]>[環境設定]>[一般]>[日本式トンボを使用]から選択することができます。

[日本式トンボを使用]にチェックが入っていない場合は西洋式が選択されます。

日本式トンボを使用

こちらが”日本式”と”西洋式”のトンボです。

日本式トンボ
西洋式トンボ

通常の印刷物は日本式のトンボで作成するのが一般的です。

それでは、いよいよトンボを作成してみましょう!

トンボの作成方法

①はじめに、仕上がりサイズのオブジェクトを選択した状態にします。
この時注意したいのが、塗りのみのオブジェクトに対してトリムマークを作成することです。
線の領域を設定したままトリムマークを作成してしまうと、仕上がりサイズより線の分だけ大きなトリムマークが作成されてしまいますので、必ず塗りのみに対して作成するようにします。

塗りオブジェクト

②メニューバーの、[オブジェクト]>[トリムマークを作成]を選択します。

③トンボが作成されました。

トンボ

以上でトンボの作成方法の説明を終了します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    イラストレーターで卵のカラを割ってみたー!!!😚😚😚

    こんにちは。きゅん😘です。今日は、イラストレーターを使って簡単…

  2. Illustrator

    木目調テクスチャを使おう

    割といろんなとこで見かける使い勝手のいい木目ですが、単純なものなら一つ…

  3. Illustrator

    袋文字の作りかた

    今回はIllustratorで袋文字の作り方をご紹介します。袋…

  4. Illustrator

    エンベロープを使って文字列を図形にあわせて変形させるには

    今回はエンベロープの機能のひとつを使ってオブジェクトの形に合わせて文字…

  5. Illustrator

    ワープを使って球体に模様をつける

    ワープイラストレーターの「ワープ」とは、オブジェクトの見た目を変形…

  6. Illustrator

    リサイクルマークを作ってみよう

    リサイクルマーク食品や飲料のパッケージ、工業製品などで見かけるリサ…

人気の記事

CodeCamp

おすすめの参考書

PAGE TOP