Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

オブジェクトにトンボをつけよう

使用ソフト: Illustrator CC 2018  

トンボについて

印刷物を作成する際に、仕上がりサイズや断裁する位置、中央や四隅につける印のことをトンボ(トリムマーク)と言います。
通常、仕上がりサイズよりも大きい用紙に印刷し、断裁する際にはコーナートンボに合わせて仕上がりサイズで断裁します。
コーナートンボには、仕上がりサイズを表す内トンボと、塗り足し部分を表す外トンボとがあり、その間隔は3mmに設定するのが一般的です。
また、多色印刷の際には全ての版にトンボを印刷し、センタートンボに合わせて版がずれないように見当合わせをします。

トンボ

トンボの線幅は通常0.1mmまたは0.3ptに設定し、カラーはレジストレーションカラーを選択します。
レジストレーションカラーはスウォッチパネルから選択でき、レジストレーションカラーを使用することですべての版にトンボを出力することができます。

レジストレーションカラー

トンボの種類

トンボには”日本式”と”西洋式”の二つがあり、メニューバーの[IllustratorCC]>[環境設定]>[一般]>[日本式トンボを使用]から選択することができます。

[日本式トンボを使用]にチェックが入っていない場合は西洋式が選択されます。

日本式トンボを使用

こちらが”日本式”と”西洋式”のトンボです。

日本式トンボ
西洋式トンボ

通常の印刷物は日本式のトンボで作成するのが一般的です。

それでは、いよいよトンボを作成してみましょう!

トンボの作成方法

①はじめに、仕上がりサイズのオブジェクトを選択した状態にします。
この時注意したいのが、塗りのみのオブジェクトに対してトリムマークを作成することです。
線の領域を設定したままトリムマークを作成してしまうと、仕上がりサイズより線の分だけ大きなトリムマークが作成されてしまいますので、必ず塗りのみに対して作成するようにします。

塗りオブジェクト

②メニューバーの、[オブジェクト]>[トリムマークを作成]を選択します。

③トンボが作成されました。

トンボ

以上でトンボの作成方法の説明を終了します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    Illustratorでふきだしを作ってみよう

    ふきだしふきだし、吹き出し、フキダシ。英語では"Speech Ba…

  2. Illustrator

    和柄パターン(算木崩し)の作り方

    和柄パターンを作る前に少しスウォッチパターンの特性について説明します。…

  3. Illustrator

    パスのオフセットを理解する

    パスのオフセットとは選択したオブジェクトから指定した距離をずらした…

  4. Illustrator

    インド国旗を作ろう!その④

    今回はイラストレーター(Illustrator)で三色の旗を作っていき…

  5. Illustrator

    【挑戦】ペンツールの練習 1分間であなたはできる?

    ペンツールを使って、完成できますか?挑戦してみてください!3つ…

  6. Illustrator

    金色(GOLD)のグラデーションを作ってみよう

    Illustratorで文字を金色にする事って案外多くないですか?…

最近の記事

  1. 黄色いバラの花
  2. 左右で画面の明るさを分けたハンバーガー
  1. Illustrator

    切り抜きツールを使ってみよう!
  2. Photoshop

    ぼかしで写真に動きをつけてみよう
  3. Photoshop

    カスタムブラシでオリジナルのブラシを作ろう
  4. Photoshop

    修復ブラシツールとコピースタンプツールの違い
  5. Photoshop

    人物に影をつける方法
PAGE TOP