Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

花の形に型抜きされた花の画像

Illustrator

図形ツールに効果を使って、花の図形を作ろう!

使用ソフト: IllustratorCS5  

Illustratorを使って簡単に花の図形を作りたい!
そんなときは、図形に効果を付けるだけで、いろんな形の花が作れます!
とても簡単で、花以外の形も作れるので色々試してみてください。

1、アートボードに図形を作る。

まずアートボードに、図形ツールを使って図形を作ります。花の形を作る場合、多角形がお花に適しています。色は好きな色で作りましょう。クリッピングする場合は何色でも構いません。

図形が5個あります。

2、図形に効果を付ける

アートボードに作った図形を選択し、アピアランスパネルの[fx](効果)をクリック。
[パスの変形]→[パンク・膨張]をクリックします。

効果からパンク・能長をクリックします

3、パンク・膨張を設定する

パンク・膨張のパネルが表示されます。右にスライドしていくと、膨張していき、多角形がお花の様な形になっていきます。[プレビュー]にチェックを付け、プレビューを見ながら調節していき好きな形で[OK]をクリックしましょう。
左にスライドすると、光の様な図形になるので、他の図形などでも試してみると面白いです。

パンク・膨張のパネルが出てきて設定する。

他の図形も同じ様に[効果]をかけていきましょう。

花の図形

4、アピアランスを分割する。

図形として使うなら、ここまで良いです。
今回はこの図形に画像をクリッピング(切り抜き)してみましょう。
でも、このままでは見た目が花になっているだけで、元のパスの形は多角形のままです。
この図形のパスを作った花と同じ様にするには,オブジェクトを選択し、[メニューバー]→[オブジェクト]→[アピアランスを分割]をクリックします。

アピアランスを分割

パスが花形に分割されました。

パスが花形に分割されました。

5、クリッピングしてみよう

この花形の図形を使って、クリッピング(切り抜き)する画像を配置します。

バラの画像を配置

クリッピングする場合は、図形の後ろに画像がないとクリッピングできないので、
画像を選択し[⌘]+[x]で切り取り、[⌘]+[b]で図形の後ろに図形を置きましょう。

図形の後ろに画像をおく

図形と画像を2つ一緒に選択し、[⌘]+[7]を押すとクリッピング完成です。

クリッピング完成

6、完成

他の図形にも、好きな画像をクリッピングして行きましょう。
背景色など置いてみると、雰囲気がでます。図形のまま単色使いも良いですし、クリッピングで画像を切り抜くとより華やかな感じも作れます。簡単なので色々試してみてはいかがでしょうか?

花の形に型抜きされた花の画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    パターンブラシ を自作してみる

    イラストレーターには、描いた線を装飾してくれるブラシというものが用意さ…

  2. Illustrator

    エンベロープを使って文字列を図形にあわせて変形させるには

    今回はエンベロープの機能のひとつを使ってオブジェクトの形に合わせて文字…

  3. Illustrator

    インド国旗を作ろう!その④

    今回はイラストレーター(Illustrator)で三色の旗を作っていき…

  4. Illustrator

    スターツールを使いこなそう

    スターツールは簡単に星型を作る便利な機能ですが、星を作るだけで終わって…

  5. 夜空に光る星をつくってみよう

    Illustrator

    夜空に光る星を作ってみよう

    Illustratorで光を放つ星を作ってみましょう!①長方形…

  6. 複合パス知識編

    Illustrator

    複合パスを掘り下げてみよう〜知識編〜

    Illustratorを使用していると何かと耳にする機会の多い「複合パ…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP