Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

玉ボケ加工を作ろう

使用ソフト: Photoshop CC 2020  

「玉ボケ」とは写真の表現方法の一つで、キラキラとした丸い光でぼかされている状態のことを指します。
今回はPhotoshopで「玉ボケ」した写真の加工を紹介します。


まずは「玉ボケ」させたい写真をPhotoshopに取り込みます。
夜景やイルミネーションなど明暗がはっきりした写真の方が加工しやすいです。


「フィルター」→「ぼかしギャラリー」→「フィールドぼかし」を選択します。


「ぼかし」「光のボケ」「ボケのカラー」「光の範囲」を調節します。
「ぼかし」を大きくすると玉ボケの丸い光が大きくなります。
「光のボケ」を40%以上に設定すると玉ボケができます。
「ボケのカラー」を高くすると玉ボケの光に色が入ります。
「光の範囲」の白いフェーダーを左に移動すると光の濃さが低くなります。
黒いフェーダーを左に移動すると光の明度が上がります。


完成しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    ニューラルフィルターを使いこなそう!2 古い画像をレタッチする

    ニューラルフィルター紹介、第二回目。前回に引き続き、Photosh…

  2. Photoshop

    画像を自然に引き伸ばそう

    コンテンツに応じて拡大・縮小とは?画像サイズが足りなくて、困ったこ…

  3. Photoshop

    非破壊処理で逆光を描画

    非破壊処理とは。非破壊編集とは、元の画像データを変更せずに、見た目…

  4. Photoshop

    暑中見舞いをつくろうー画像のレタッチー

    絵を描くのが苦手…。風景のイラストを描くのが面倒…。そんな方に…

  5. Photoshop

    レンズ補正で写真の歪みを直そう

    Photoshopでは写真の建物などの歪みは、「レンズ補正」を使って歪…

  6. Photoshop

    フォトショップで便利なショートカットキー(mac)

    クィツク選択ツールを使っている時、直径をショートカットキーで変更する方…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP