Adobeスクールパートナー(ブロンズ)

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Others

レタッチとは?その意味と役割、使用するソフトとレタッチを行う為の3つのポイントについて

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

このページでは、
「レタッチ」という画像編集ソフトを使用した画像調整作業について紹介します。

初めてレタッチについて知りたい方や、
以前からレタッチについて知ってはいるが、
再度どのような意味なのかを知る為にこのページを作成しています。

1.レタッチとは?

この項目では、そもそもレタッチとは何か?
その意味について紹介します。

レタッチとは、長めに説明すると、

撮影後の写真に対して、色調補正、いらないものの除去、
あるいは合成したりする事
例としては、デジタルで撮った写真に対して、
PCやスマホなどでデジタル的な後処理を加えるたり、
スマホで撮った写真の明るさを変える、色味を変える事

短めに説明すると、

画像編集ソフトを使って画像の濃度やコントラストを調整する作業の事

実際に、
一つの画像に対してレタッチを行った場合の例を紹介します。

この画像を、

このように濃度を上げて調整したり、

コントラストを上げて調整する事を「レタッチ」といいます。
同じ写真でもレタッチを行う事で、多くの表現が可能となります。

2.レタッチの役割について

例として、
写真を一枚撮影したとします。

撮影後の写真を見た時に、
「あんまり綺麗な写真じゃないな・・・」
「ちょっと暗いな・・・」
と思う事があると思います。

「あんまり綺麗な写真じゃないな・・・」と思う事について。

人間の脳は実物を見た時よりも鮮やかな色を記憶に残します。
この色の事を「記憶色」といいます。

「ちょっと暗いな・・・」と思う事については、
実物より鮮やかな色で認識しているので、
もっとこうしたい、という色が人間の脳にはあります。
この色の事を「期待色」といいます。

「記憶色」「期待色」。
この2つを人間の手で再現する事が「レタッチ」です。

レタッチを行う事によって、
実物の魅力をより引き立て、
見ていて気持ちのよい写真に仕上げる。

自分が持つ意図や感情などを写真に反映させる事が主なレタッチの役割となります。

3.レタッチを行う為の画像編集ソフトについて

実際にレタッチを行いたいけど、
どのような画像編集ソフトで出来るのか分からない方がいると思います。
この項目では、レタッチが行える4つの画像編集ソフトについて紹介します。

1.GIMP

無料で使用出来る画像編集ソフト。

ユーザー数が多いので参考となる記事がすぐ見つかるのと、
無料で使用出来る為費用がかからないという点があります。

筆者の自宅PCはWindowsで、このGIMPを普段使用して画像加工を行っています。
慣れれば画像編集ソフトとして、とても使いやすいです。
デメリットとしては、ソフトが起動する速度が若干遅いくらいです。

2.Photoscape

「簡単で楽しい」という基本概念から作られた画像編集ソフト。

この画像編集ソフトはユーザーインターフェースが非常にユニークです。

3.ルミナーAI

有料の画像編集ソフト。
この画像編集ソフトはAIがサポートしてくれるのでレタッチ初心者の方におすすめのソフトです。
価格は9500円程。

4.Adobe Photoshop

本格的にレタッチを行いたい方には、
このPhotoshopという画像編集ソフトがおすすめです。

このソフトは有料である為、課金を行う必要があるのですが、
筆者がおすすめするプランとしては「フォトプラン」というプランに加入して使用するのが良いかと思います。

フォトプランは一ヶ月1000円程度の課金で使用出来る為、
出費を抑えつつ使用する事が出来ます。

4.レタッチを行う為の3つのポイントについて

レタッチを行うにしても、
どのような技術を用いてレタッチを行えるのか分からない方がいると思います。

この項目ではレタッチを行う為の3つのポイントについて紹介します。

レタッチの属性「補正」

明暗差を調節して本来の明るさに調整したり、
トリミングを行う事によって写真の構図を調整します。

レタッチの属性「中間」

全体のイメージを「トイカメラ風」「水彩画風」などのフィルターをかける事によって
本来の画像イメージから変更したり、
コントラストを変えたり、特定の色だけを強調する事で自分の作りたいイメージに合わせて調整します。

レタッチの属性「加工」

コラージュを行って現実で撮影した写真とは思えないようなファンタジー風の写真に加工したり、
本来写真に写っていたものを消す事で自分が作りたいイメージに近づけるように調整します。

この項目では3つのレタッチの属性を3つ紹介しました。
実際に画像編集ソフトを使用してレタッチを行う時に、
この3つの属性を意識してレタッチを行いましょう。

5.最後に

レタッチを行う事で、本来撮影したかった写真や、
自分の気持ち、感情を写真に込める事が出来ます。

この記事を読んでレタッチに興味を持った方は、
更にレタッチの事について詳細な情報を求めたり、
実際にレタッチを行って画像編集ソフトに慣れていきながら
レタッチを行っていければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. 黄色いバラの花

    Others

    適正露出の写真を撮る・後編(EV値とカメラの設定)

    EV値(露出量)と、絞り・シャッタースピード・ISO感度の関係前回…

  2. 左右で画面の明るさを分けたハンバーガー

    Others

    適正露出の写真を撮る・前編(絞り、シャッタースピード、ISO感度の関係)

    露出とは何でしょう?スマホで写真を撮ったり、一眼レフやミラーレスカ…

  3. Others

    三分割法の活用

    三分割法とは写真に対して等間隔に引いた水平線2本と垂直線2…

  4. フラットデザインが簡単に作れるフリー素材イラストサイト3選

    Others

    フラットデザインが簡単に作れるフリー素材イラストサイト3選

    webサイトで良く見かけるフラットデザイン最近のwebサイトで良く…

  5. ai ps

    Others

    illustratorかphotoshopか

    illustratorで出来ること ロゴ ア…

  6. Others

    「WhatTheFont 」でフォントをさがしてみよう

    皆さんは「このデザインで使われているフォントが使いたい」と困った経験は…

人気の記事

CodeCamp

おすすめの参考書

PAGE TOP