Adobeスクールパートナー(ブロンズ)

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

イラストレーターで桜を描こう

Illustrator

Illustratorで桜を描こう

 

桜を描く

手順1:楕円形ツールでパスを描く

ツールパネル > 楕円ツール より 幅 < 高さの任意の楕円形を作ります。
(例は幅:100px × 高さ:160px)
任意の楕円形を描く

手順2:楕円を切り抜く

ツールパネル > 多角形ツールより半径:楕円の幅の1/2、辺の数:3の三角形を作ります
(例は半径:50px)
任意の三角形を作る

続いて、選択ツールに持ち替えて先ほど作った三角形を180度回転させ、
手順1で作った楕円形の上部に三角形が前面の状態で重ねます。
(重ねた部分の深さが花びらにの切り込みになります。)
このとき楕円形をキーオブジェクトとして、
楕円形と三角形を整列パネル > “水平方向中央”に整列させておきましょう。
楕円形の上部に正三角形を180度回転させて重ねる

重ねることができたら2つの図形を選択した状態でパスファインダーパネルから、
“前面オブジェクトで型抜き”を選択します。
少し特徴が加わることで、桜の花びららしくなってきましたね。
楕円形を三角形で抜く

手順3:アンカーポイントの切り替えツールで花びらを仕上げる

“アンカーポイントの切り替えツール”で楕円形の下部アンカーポイントを切り替えます。
楕円形下部のアンカーポイントをアンカーポイント切り替えツールでクリック

手順4:回転ツールで桜の花に形成

いよいよ花びらから花に成形していきます。
手順3での花びらを選択した状態で”回転ツール”に持ち替えます。
Altを押しながら楕円形下部のアンカーポイントをクリックし、回転軸を移動させます。
表示されたダイアログに72(360÷5=72)と入力してコピーします。
花びらを72度回転させる
あとはCommand+D(動作の繰り返しショートカットキー)で1周分コピーしたら花びらの完成です。
Commandキーを押しながらDキーで操作の繰り返しを行う

終わりに

切り込みを入れなければ抽象的な花、回転の角度を変えれば4つ葉のクローバーなど
様々な装飾が作れそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. 完成

    Illustrator

    【簡単!】クリッピングマスクを使って写真をオシャレに

    みなさんはよく写真を撮りますか?例えば犬や猫など動物を飼ってい…

  2. Illustrator

    手書き風イラストを作ろう

    ペンツールを使って作業をしている時、ちょっと一工夫ほしいなって思う時な…

  3. Illustrator

    インド国旗を作ろう!その③

    今回は外側のドーナツ型をイラストレーター(Illustrator)で作…

  4. 花の形に型抜きされた花の画像

    Illustrator

    図形ツールに効果を使って、花の図形を作ろう!

    Illustratorを使って簡単に花の図形を作りたい!そんなとき…

  5. Illustrator

    3Dにシンボルをマッピングしてみよう

    今回、3Dオブジェクトにシンボルをマッピングする方法を紹介します。…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP