Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

画像を自然に引き伸ばそう

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

コンテンツに応じて拡大・縮小とは?

画像サイズが足りなくて、困ったことはありませんか?[コンテンツに応じて拡大・縮小]コマンドを使うと、画像サイズが足りない場合に、人や物など変形したくない部分を保護しながら引き伸ばすことができてしまう便利な機能です!

 

画面左下にあるステータスバーを長押しして、画像サイズを確認してみましょう。この写真の画像は幅640pixel×高さ426pixelです。例えば幅が1000pixel欲しかったら、足りない360pixel分を引き伸ばします。

操作方法

1. 画像を開くと[レイヤー]パネルに[背景]レイヤーがあります。[背景]レイヤーをダブルクリックして通常レイヤーに変換します。続いて出てくる[新規レイヤー]ダイアログは何も変更せずにOKをクリック。

2. メニューバーから[イメージ]→[カンバスサイズ]を選択し、[カンバスサイズ]ダイアログを表示します。ここでは右方向に360pixel伸ばすので、[基準位置]の部分をクリックして左中央に指定します。また、[相対]にチェックを入れて、単位をpixelにし、幅に[360]と入力します。設定完了したらOKをクリック。

3. カンバスサイズを変更すると、画像の右側に360pixel分の透明部分が追加されます。

4.画像内で変形したくない部分を指定します。ツールパネルから[なげなわ]ツールを選択し、大まかに対象となる物を囲んで選択範囲をつくります。

5.メニューバー→[選択範囲]→[選択範囲を保存]を選択して[選択範囲を保存]ダイアログを表示し、[名前]を入力して、選択範囲をアルファチャンネルに保存します。保存したら[command]+Dで選択範囲を解除します。

6.メニューバー→[編集]→[コンテンツに応じて拡大・縮小]を選択します。

7.画面が編集モードになり、画面上部にオプションバーが表示されます。[保護]に先ほど保存したアルファチャンネル「人」を指定します。

8. 画像のバウンディングボックスをドラッグして引き伸ばします。変形が確定したら◯ボタンをクリック。

9. 保護した人物は元画像の状態を保ったまま、自然に引き延ばされました。

文字を入れてみた

出来上がった画像にジョブズの名言を入れてみました。余白ができるとキャッチコピーなどの文字を入れてみても映えますね!もうちょっと余白が欲しいんだよな〜という時などにぜひこの方法を思い出してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    PhotoshopでGIFアニメーションを作ってみよう

    webサイトや個人の作品ページなどで、単純でありながら深い表現でまだま…

  2. Photoshop

    ヴァニシング・ポイントを使った合成画像の作成

    Photoshopの機能の一つ「Vanishing Point」を使用…

  3. Photoshop

    前髪を増やしてカッコよくしたい!

    元気な写真を撮ろうと思ったらマヌケな写真になってしまった!髪の毛が…

  4. Photoshop

    「ぼかし」をかけよう!

    フォトショップ(Photoshop)で人の目線などを隠したい!というと…

  5. Photoshop

    飛び出す写真を作ってみよう

    飛び出す写真の作り方を今回紹介したいと思います。まず、レイヤー…

  6. Photoshop

    レイヤースタイルで立体文字を作ろう

    Photoshopの「レイヤースタイル」は、レイヤー内のオブジェクトに…

CodeCamp

最近の記事

  1. Illustrator

    【画像トレース】Photoshopのカットアウトでは満足できない人へ
  2. Illustrator

    同じ色のオブジェクトだけをまとめて選択する方法
  3. Photoshop

    飛び出す写真を作ってみよう
  4. Illustrator

    フリーハンドで絵を描こう!(鉛筆ツール)
  5. Others

    ショートカットキーで作業効率アップ!
PAGE TOP