Adobeスクールパートナー(ブロンズ)

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

非破壊処理で逆光を描画

使用ソフト: Photoshop CC 2018(CSでも可能)  

非破壊処理とは。

非破壊編集とは、元の画像データを変更せずに、見た目を変えるというもの。
加えた変更は簡単に元に戻せて、修正をしやすいというメリットがあります。
元のデータを壊さないので、非破壊処理といいます。
この非破壊処理で、画像に描画してみましょう。

スマートオブジェクト。

この画像に、逆光を描画して、サングラスを光らせます。
サングラスの画像
フィルターの逆光は、破壊処理(元データに上書き)です。
非破壊処理で元に戻せるよう、画像をスマートオブジェクトに変換します。

スマートオブジェクト
スマートオブジェクトにすることで、拡大縮小による画像データの劣化を防げます。
何度も訂正しているうちに、画像がボケてしまった、ということがなくなるのです。
↓元の画像
元画像
↓拡大縮小で劣化した画像
劣化した画像

メニュー「レイヤー」→「スマートオブジェクト」→「スマートオブジェクトに変換」
メニューの選択

スマートオブジェクトに変換されると、レイヤーパネルのアイコンが変わり、レイヤーの名前が「背景」から「レイヤー0」に変わります。
スマートオブジェクトに変化したレイヤー

非破壊処理で逆光を描画。

メニュー「フィルター」→「描画」→「逆光」
メニューの選択

こんな風にプレビューが見れます。
今回は「レンズの種類」を105mmで選択しました。
反射具合は、「明るさ」スライダーを変更しながらお好みで加減してください。
逆光のプレビューダイアログ

逆光を編集した画像
「フィルター」メニューは、元画像を変更してしまう破壊処理ですが、今回は画像がスマートオブジェクトになっているので、非破壊処理です。
レイヤーパネルを見ると、「スマートフィルター」というレイヤーが増えています。

非破壊処理で色調補正。

少し画像が暗いので、逆光が当たっているように明るさとコントラストを調整します。
元画像には変更を加えない、非破壊処理で調整しましょう。
レイヤーパネルの右下、「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」をクリックします。

調整レイヤーの選択

お好みでスライダーを調整してみてください。
他の調整レイヤーを追加してもいいと思います。
完成図

まとめ。

今回は、レイヤーパネルに「スマートフィルター」と「明るさコントラスト」のレイヤーが増えました。
それぞれ、目のアイコンをクリックすることで、元画像と見比べることができます。
レイヤーを削除すれば、元画像にもどります。
スマートフィルターの逆光をパッチワークに変えたり、複数のフィルターから一つを削除してみたり、修正がとても楽になります。
また、元画像を修飾しているレイヤーは、レイヤーマスクになっているので修飾する箇所を限定するのも簡単です。
非破壊処理をお試しください。
フィルターのみ非表示にした画像

ガラス玉に逆光を当てた例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. カラーチャンネル

    Photoshop

    カラーチャンネルを使った画像の加工

    Photoshopを使用していると「カラーチャンネル」という用語を耳に…

  2. Photoshop

    レンズ補正で写真の歪みを直そう

    Photoshopでは写真の建物などの歪みは、「レンズ補正」を使って歪…

  3. Illustrator

    Illustratorでマーブル模様を作ろう

    今回は水で混ぜたようなマーブル模様をIllustratorで作成する方…

  4. Photoshopでアハムービーを自作しよう

    Photoshop

    Photoshopでアハムービーを自作しよう

    まずはこちらの動画をご覧ください!画像の一部分が始まりと終わり…

  5. Photoshop

    写真をステンドグラス風に加工しよう

    簡単にPhotoshopで写真をステンドグラス風に加工する方法をご紹介…

  6. Photoshop

    Photoshopで抽象的な油絵を作ろう

    Photoshopで抽象的な油絵のような画像の作り方を紹介します。…

人気の記事

CodeCamp

おすすめの参考書

PAGE TOP