Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

Photoshopで雪を降らせてみよう

 

今回は、Photoshopで簡単に雪を降らせる方法を紹介します。

まず、画像を用意し[ブラシツール]にしブラシの種類でブラシの硬さが0%(ボヤーっとしたブラシ)のものを選びます。
選んだらブラシパネルの切り替えを選択します。
雪を作るためにブラシツールをブラシパネルで少し形状を変えます
選択するとウィンドウが出てくるのでそこで雪を作ります。
最初に、[間隔]を90%~110%をめどに感覚を開けます。
ブラシの感覚を90%~110%に調整します。
次に、[シェイプ]と[散布]にチェックを入れます。
シェイプ、散布の項目にチェックを入れます。
[散布]の中の[散布]と[量]の数値を調整します。
[散布]は最大の方が広範囲に散布できので最大値がいいです。
散布で散布と量をバーで数値調整します。散布は最大限の方が広範囲にできるのでおすすめです。
次に[その他]にチェックを入れ不透明度のジッターを調節します。
調節すると雪のフワフワ感が増します。
最後にその他と滑らかにチェックを入れその他の不透明度を調節します。
最後に滑らかさにチェックを入れてブラシの準備は、完了です。

ブラシの色を白にし、パラパラと雪を降らせていきます。
ブラシの色を白にし自分好みにパラパラと雪を降らせます。

雪を降らせたら[フィルター]、[ぼかし]から[ぼかし(ガウス)]を選択し
少しぼやける程度にぼかします。
雪を降らせたらガウスぼかしで少しぼかします。
ぼかしたら更に、[フィルター]、[ぼかし]から[ぼかし(移動)]を
選択し降っている雪に少し動きをつけたら完成です。
次にぼかしのガウスぼかしを動きが出るようにつけたら雪は完成です。
息を白くしたり女の子の鼻など寒くなったら赤くなる部分を
赤くして冬の寒さが伝わるような加工をするともっと冬らしさが出ますよ
写真の女の子にも少し加工を加えて完成です。

冬だけでなく季節外れの雪や冬じゃない季節を冬にできたりするので色々試して見てくださいね!
季節外れの雪やガ別の季節をふにする時に使えるので是非色々試してみてくださいね!""
閲覧ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    レイヤースタイルで立体文字を作ろう

    Photoshopの「レイヤースタイル」は、レイヤー内のオブジェクトに…

  2. Photoshop

    素早く切り抜く便利な機能『選択とマスク』

    選択ツールはたくさんありますが使用する場面によっては得意不得意がありま…

  3. Photoshop

    ぼかしで写真に動きをつけてみよう

    今回、簡単に写真に動きをつける方法を紹介します。まず、画像を用…

  4. Photoshop

    ドット絵をボケないように大きくする方法

    ドット絵を大きくすると輪郭がボケてしまい、はじめに作ったドット絵のイメ…

  5. Photoshop

    飛び出す写真を作ってみよう

    飛び出す写真の作り方を今回紹介したいと思います。まず、レイヤー…

  6. Photoshop

    画像を文字とシェイプでマスクする

    文字だけなら簡単!クリッピングマスク。こんな風に、文字で水の画像を…

CodeCamp

最近の記事

  1. Mac

    「タブ」を使ってMacのFinderを使いこなす!作業効率格段アップ!
  2. Illustrator

    地図をつくろう
  3. Illustrator

    【左右対称・上下対称】鏡面描画が便利です
  4. Illustrator

    Illustratorでふきだしを作ってみよう
  5. InDesign

    身近な話題をインデザインで新聞にしてみよう(その③段落スタイル)
PAGE TOP