Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

DTP

沢山の画像情報をまとめよう

使用ソフト: Photoshop CC 2020  

クライアントさんから沢山写真を使って欲しいと頼まれてどうまとめたら良いか困った経験はありませんか?
そんな時に役立つデザインをご紹介します。

 

作り方

まずはテーマに合った写真を用意してください。
今回のテーマは「世界旅行」です。

 

Photoshopでアートボードを作り写真を全部取り込んでください。

 

写真に「レイヤースタイル」の「境界線」を入れサイズ10px、カラーを白にします。

 

「レイヤースタイル」の「ドロップシャドウ」を描画モード「乗散」、不透明度「30%」、スレッド「10%」、サイズ「10px」にします。

 

全ての写真に同じレイヤースタイルを適用させます。
右クリックで「レイヤースタイルをコピー」をし、適用したいレイヤーを選び、右クリックで「レイヤースタイルをペースト」にするとスムーズです。

 

あとは「移動ツール」を使って写真をランダムに配置します。

 

 

完成

後は好きな背景色をいれて完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    レンズ補正で写真の歪みを直そう

    Photoshopでは写真の建物などの歪みは、「レンズ補正」を使って歪…

  2. Photoshop

    超簡単!?自然な移動と削除

    「この人いらないなー」「この人もう少し中央にきたら良い写真なのになー」…

  3. Photoshop

    ヴァニシング・ポイントを使った合成画像の作成

    Photoshopの機能の一つ「Vanishing Point」を使用…

  4. Photoshop

    破壊処理と非破壊処理の違い

    検索数の多い「写真の縁をぼかす」方法について、今回は、このような写…

  5. Photoshop

    モザイクを入れよう!

    フォトショップ(Photoshop)を使って、人の顔とかちょっと見せた…

  6. 描画モード「ソフトライト」を使って画像の雰囲気を変えてみよう

    Photoshop

    描画モード「ソフトライト」を使って画像の雰囲気を変えてみよう

    この画像を使いたい!でも雰囲気は違うんだよなぁ…などと感じることありま…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP