Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

技術とセンス必要なし!『墨絵』のようなデザインを作る方法!!

 

1.画像を配置し、反転する

・墨絵にしたい素材を開き、配置します。
・メニューバーから「イメージ」→「色調補正」→「階調の反転」を選択します。

こんな感じになります。

2.画像を2階調化する

・「イメージ」→「色調補正」→「2階調化」を選択し、
「2階調化する境界にしきい値:170~190」とします。(画像によって異なるため調整してください)

3.画像を墨絵っぽくする

・素材画像に対して、メニューバーから「フィルター」→「変形」→「海の波紋」を選択し、
「波紋の振幅数:5」、「波紋の大きさ:9」を設定します。

・さらに、「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選択し、
「半径:2.0pixel」を設定します。

画像だと分かりづらいですが、実際はかなり変化しています。

4.墨絵風のブラシを作成する

・メニューバーから「ウィンドウ」→「ブラシ」を選択し、「ブラシの設定」パネルから
「ブラシの先端のシェイプ」を選択し、「直径:100px」とします。

「シェイプ」を選択し、図のように設定します。

「デュアルブラシ」を選択し、図のように設定します。
選択したブラシは「Chalk 60 pixel」です。

「その他」を選択し、図のように設定します。

「ウェットエッジ」にチェックを入れます。

滲みとムラ感のある墨のようなブラシが出来ました。

5.マスクをすることで写真をより墨絵風に加工し、背景画像を差し込む。

・背景画像を差し込みます。
・レイヤーパネルから、「レイヤーマスクを追加」します。
・手順4で作成したブラシを使い、マスクを追加していきます。

 この時、ブラシの不透明度を「70%」前後にして、輪郭部分から
なぞっていくと綺麗に出来ます。

・最後に、背景や配置などを調整し、落款印の画像を配置したら完成です。

ぜひ参考にしてみてください!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    破壊処理と非破壊処理の違い

    検索数の多い「写真の縁をぼかす」方法について、今回は、このような写…

  2. Photoshop

    Photoshopでデニム風の生地を作ってみよう

    Photoshopで簡単に作れる、デニム風生地の作り方をご紹介します。…

  3. Photoshop

    とけるチョコレートを作ろう

    今回はPhotoshopで「溶けているチョコレート風」の加工をご紹介し…

  4. Photoshop

    ネオン管のススメ(Ps)

    夜にキラキラして、洋画のお洒落なシーンに高確率でてきたり、シーンを飾る…

  5. Photoshop

    Photoshop で写真の一部を簡単に消す方法

    Photoshopで写真の一部を消す簡単な方法を紹介します。1.写…

  6. Photoshop

    人物に影をつける方法

    写真の人物や動物に影をつけたい時に便利な方法をご紹介します。今回は…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP