Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

好きな色に変える! 色相・彩度の使い方

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

photoshopの色調・彩度使って 1ポイント色を変えていきます!

使う画像はこの綺麗なワイングラスたちです。でも「ちょっと面白くない」ということでこのワイングラスに1ポイント違う色をたしてイメージを変えていきましょう。

完成例

photoshop(CC)では、色相・彩度を使って色を変える事ができます。 今回の講座ではワイングラスに注がれているワイン(赤)を緑に変えます、手品ではないですよ!

 

1.選択したい範囲をクイック選択ツールを選択して選択する

 

ワインだけを選択したい場合クイック選択ツールを使うと簡単に選択する事ができます、フリーハンドで選択したい場合はなげなわツールを使うと細かく選択範囲を選択できます。また、自動選択ツールを使っても選択できます!

*ツールの切り替え方

ツールの切り替えはoptionキーを押しながらクリックすると切り替える事ができます!

optionキーを押しながらクイック選択ツールをクリックすると自動選択ツールに切り替えられます。

クイック選択ツール


クイック選択ツールの直径はブラシオプションで変更できます。
私はクイック選択ツールとなげなわツールを使って選択しました!

選択範囲は上の画像のようにギザギザとした境界線で表示されます。

2.色調・彩度

 

ここからがワインの色を変える ポイント です!

メニューバーの イメージ → 色調補正 → 色相・彩度 を選びます。

色相: を変更したい色にします。この時、プレビューにチェックを入れておくと色を見ながら合わせる事ができますよ!

色を決めたらOKをクリック、保存します!

完成です

 

今回は、メニューの中にある「色調補正、色調・彩度」を使って調節しました。実はこの方法で加工すると破壊処理という方法になってしまい、1度作ってしまうと後から修正ができないことがデメリットで複数の写真を扱う場合、作り直しをしている時間が勿体無いです。できるだけ非破壊処理で作業するようにした方がいいです。

 

最後に参考例 全て同じ方法で加工しています!

 


おすすめ記事:

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    Photoshopで雪を降らせてみよう

    今回は、Photoshopで簡単に雪を降らせる方法を紹介します。…

  2. Photoshop

    素早く切り抜く便利な機能『選択とマスク』

    選択ツールはたくさんありますが使用する場面によっては得意不得意がありま…

  3. Photoshop

    非破壊処理で逆光を描画

    非破壊処理とは。非破壊編集とは、元の画像データを変更せずに、見た目…

  4. Photoshop

    画像を昔の写真風にしてみた

    技術の進歩で風景をとても綺麗に撮影できるようになった。しかし子供の頃、…

  5. Photoshop

    カスタムブラシでオリジナルのブラシを作ろう

    Photoshopにはたくさんのブラシが用意されていますが、自分でも新…

  6. Photoshop

    PhotoshopでGIFアニメーションを作ってみよう

    webサイトや個人の作品ページなどで、単純でありながら深い表現でまだま…

最近の記事

  1. 黄色いバラの花
  2. 左右で画面の明るさを分けたハンバーガー
  1. Photoshop

    レイヤースタイルで立体文字を作ろう
  2. Photoshop

    ヴァニシング・ポイントを使った合成画像の作成
  3. Illustrator

    3Dにシンボルをマッピングしてみよう
  4. Illustrator

    【左右対称・上下対称】鏡面描画が便利です
  5. Illustrator

    Illustratorでスピログラフを作ってみよう
PAGE TOP