Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

袋文字の作りかた

 

今回はIllustratorで袋文字の作り方をご紹介します。

袋文字とはテキストのまわりにフチをつけて装飾されたもののことを言います。
ポスターやチラシなどで派手に目につくようにしたい時などとても有効です。
早速やってみましょう!

アピアランスを使いましょう

テキストを用意し、メニューバーの「ウィンドウ」→「アピアランス」を開きます。

テキストを選択後、アピアランスパネルの下部にある「新規線を追加」のボタンを押すと線を追加することができます。

この時、必ず「塗り」の下に「線」をドラッグで移動して下さい。
(線が上だと文字が潰れます。)

アピアランスパネル内の「塗り」「線」をお好みの値にして完成です。

これはやってはいけない!(そのまま線を太くする方法)

文字の線に色を適用して袋文字にするやり方はNGです。

一見、良さそうに見えます。
しかし、線を太くしていくと・・・

文字の塗りが潰れちゃうんです。

これもやらないほうがいい(オブジェクトを重ねる方法)

次にコピーバックで袋文字を作ってみます。
「編集」→「コピー」→「背面へペースト」して線を太らせても袋文字になります。
(ショートカットキー「Command+C」でコピー「Command+B」で背面にペースト)


しかし、この方法では修正の際に前面、背面の文字をそれぞれ直す必要があります。

手間が2倍かかるのでやめときましょう。

以上で袋文字の作り方の説明を終わります。
ご覧頂き、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    パスのオフセットを理解する

    パスのオフセットとは選択したオブジェクトから指定した距離をずらした…

  2. Illustrator

    Illustratorで虹を作ろう

    虹の色数は何色だと思いますか?一般的には"七色の虹"と表現されるこ…

  3. Illustrator

    ぴったり並んだ「キャビア」(円)を描いてみよう!(W杯開催国ロシアの名産品)

    ワールドカップ2018が始まりましたね!今回の開催国はロシ…

  4. Illustrator

    グランジ加工をしてみよう

    今回は、Illustratorで簡単にグランジ表現のやり方の紹介です。…

  5. Illustrator

    色の比率を保ったまま濃淡を変える

    気に入った色ができた。この色の濃淡だけ変えたい。そんな時に使え…

  6. Illustrator

    スターツールを使いこなそう

    スターツールは簡単に星型を作る便利な機能ですが、星を作るだけで終わって…

CodeCamp

最近の記事

  1. Illustrator

    フリーハンドで絵を描こう!(鉛筆ツール)
  2. Illustrator

    あるとちょっと便利な簡単リボンの作り方。
  3. InDesign

    身近な話題をインデザインで新聞にしてみよう(その①マスターページ)
  4. Photoshop

    服のシワに合わせて文字を合成しよう
  5. Photoshop

    ヴァニシング・ポイントを使った合成画像の作成
PAGE TOP