Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

Photoshopで宝石のような加工をしよう

使用ソフト: Photoshop CC 2020  

1.ベースをつくる


ベースになる文字またはシェイプをつくります。

 

2.レイヤースタイルの追加


レイヤースタイル「ベベルとエンボス」を追加します。
「スタイル:ベベル(内側)」「テクニック:ジゼルハード」後の値はお好みで。


「光彩輪郭」をクリックし「輪郭エディタ」で上の画像のように設定します。


「輪郭」を追加します。


「輪郭」をクリックし「輪郭エディタ」を出し上の画像のように設定します。


「光彩(内側)」を追加し「描写モード:焼き込みカラー」にします。
カラーは作りたい色に合わせて設定します。
今回は青色で作るので反射光の色として紫を入れました。


「カラーオーバーレイ」を追加しお好みの色を設定してくだい。


「パターンオーバーレイ」を追加し「パターン」の「黒大理石」を選び「描写モード;オーバーレイ」にしてください。

 

3.微調整


色味が薄い気がするので新規べた塗りレイヤーで青を塗りつぶし、
クリッピングマスクをし描写を「スクリーン」不透明度を「18%」にします。


新規レイヤーを追加し白と黒を選び「フィルター」→「描画」→「雲模様1」を選びます。


「イメージ」→「色調補正」→「レベル補正」でコントラストを上げます。


「フィルター」→「ピクセレート」→「水晶」で加工します。


またレベル補正をかけコントラストを上げます。


このレイヤーをクリッピングマスクし、描写モードを「リニアライト」不透明度を「11%」にします。
これでキラキラ感が増します。


新規レイヤーを追加しクリッピングマスクします。
上から反射光としてピンクを塗ります。
反射光を入れると透明度が増します。
コツとしては下から光が当たっているイメージで塗ってください。


レイヤーの不透明度を「88%」にします。


上からの反射が弱く感じたので「ベベルとエンボス」の「ハイライトのモード」の「不透明度」を「95%」に上げます。


テクスチャ感は強く感じたので「不透明度」を「75%」まで落とします。


後は下からの反射光を微調節して加工は終わりです。

 

完成


後はお好みで背景色、外側の光彩を足して完成になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    ハロウィンかぼちゃを作ろう

    今回はハロウィンかぼちゃことジャック・オ・ランタンをPhotoshop…

  2. 自動処理[バッチ]で作業スピードアップ

    Photoshop

    自動処理[バッチ]を使用して作業スピードを上げよう

    「画像を沢山ダウンロードしたけど解像度を1つずつ合わせるのが大変・・・…

  3. Photoshop

    とけるチョコレートを作ろう

    今回はPhotoshopで「溶けているチョコレート風」の加工をご紹介し…

  4. Photoshop

    photoshopで「元に戻す」回数を増やす方法

    Photoshopで編集していると、「この編集をする前の状態に戻したい…

  5. Photoshop

    光のエフェクトを作ろう

    これ一つで雰囲気を決定づけることが可能で使い勝手がよく、作業行程が単純…

  6. DTP

    沢山の画像情報をまとめよう

    クライアントさんから沢山写真を使って欲しいと頼まれてどうまとめたら良い…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP