Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

デザインツールFigmaを使ってみよう デザイン作成

Others

Figmaを使ってみよう  ーデザイン作成ー

使用ソフト: Figma  

前回はFigmaでワイヤーフレームを作成しましたが、今回はそのワイヤーフレームを元にデザイン作成について紹介してみたいと思います。

前回の記事でご紹介した内容を知っている前提になりますので、まだ前回の記事を見ていない方は下記よりご確認ください。

目次

デザインを作ってみよう

写真の追加

①PCにある写真を取り込むことも可能ですが、プラグインから写真素材サイトの写真を取り込むことができます。
今回はその方法をご紹介します。
「Unsplash」を導入します。
このプラグインはフリー写真素材サイト「Unsplash」の写真を検索して取り込むことができます。
「Unsplash」はプロのカメラマンが投稿したフリー写真が集めれており、とてもクオリティが高いです。
導入は下記から。
https://www.figma.com/community/plugin/738454987945972471/Unsplash

②右クリックでプラグインを選択し「Unsplash」を選びます。
Figmaデザイン作成1

③「Search Unsplash」に検索したいワードを英語で入力し、「Search」をクリックすると写真が検索されます。
Figmaデザイン作成2

④挿入したい写真をクリックするとワークスペースに挿入されます。
Figmaデザイン作成3

 

クリッピングマスク

①わかりやすいように写真を切り抜きたいオブジェクトの上に持っていき二つを選択し、上の半月ボタンを押します。
Figmaデザイン作成4

②オブジェクトの形に切り抜かれます。
Figmaデザイン作成5

③ダブルクリックすると写真だけ選べるので移動して位置を調節します。
Figmaデザイン作成6

④クリッピングマスク完成
Figmaデザイン作成7

 

画像の色調補正

①写真を選択します。
Figmaデザイン作成8

②右端の「画像」をクリックすると色調補正の小窓が表示されるのでお好みに調節しましょう。
Figmaデザイン作成9

③写真が明るくなりました。
Figmaデザイン作成10

曲線パスに文字を沿わせる

①曲線パスとそれに沿わせる文字を用意します。
Figmaデザイン作成11

②「To path」というプラグインを導入します。
導入は下記から。
https://www.figma.com/community/plugin/751576264585242935/To-Path

③右クリックでプラグインを選び「To path」を選びます。
Figmaデザイン作成12

④「To path」が起動したら文字と曲線パスを選択し、「link」ボタンをクリックすると文字が曲線パスに沿います。
Figmaデザイン作成13

⑤「off set」で文字の位置を調節します。
数値入力での調節も可能です。
Figmaデザイン作成14

⑥反対方向のものも作るので先程作ったものはグールプを解除してください。
もう一度文字と曲線パスを選択し、「link」ボタンをクリックして文字を曲線パスに沿わせます。
Figmaデザイン作成15

⑦位置が均等になるようにガイドで合わせます。
Figmaデザイン作成16

⑧これで完成です。
Figmaデザイン作成17

 

写真から色を取る 

①先程作ったものの色を変えたいので、選択して右クリック、「パスのアウトライン」を選びます。
 「パスのアウトライン」が必要ない場合は行わなくて良いです。
Figmaデザイン作成18

②先程作ったものを選択したままカラーピッカーを表示させます。
カラーピッカーにあるスポイトマークをクリックしてスポイドを出して写真から取りたい色をクリックします。
スポイトを出している間は右上に選んでいる箇所の拡大が表示されるのでこちらを参考に色を取ると良いです。
Figmaデザイン作成19

 

色の登録

先程スポイトから取った色をいるでも選べるように登録します。
①「塗り」の右横にある4つの点のアイコンをクリックします。
Figmaデザイン作成20

②「Color styles」が表示されるので右上にある「+」をクリックします。
Figmaデザイン作成21

③「Create new color style」が表示されるので登録する色に名前を入力し「Create style」をクリックします。
Figmaデザイン作成22

 

登録した色の呼び出し

①「塗り」の右横にある4つの点のアイコンをクリックして「Color styles」を表示すると登録した色が呼び出せます。
Figmaデザイン作成23

 

塗りや線の色を消す

①塗りの「-」をクリックします。
これで塗りが透明になります。
Figmaデザイン作成24

 

日本語フォントを選ぶ

①日本語フォントを選ぶのに特化したプラグイン「Japanese Font Picker」をインストールします。
インストールはこちら。
https://www.figma.com/community/plugin/948851319619581556/Japanese-Font-Picker

②文字を選択して右クリックし、「プラグイン」から「Japanese Font Picker」を選びます。
Figmaデザイン作成25

③「Japanese Font Picker」が起動するとサンプルが確認できるので好きなフォントを選びます。
Figmaデザイン作成26

 

写真の切り抜き

①写真の背景を自動で切り抜いてくれるプラグイン「Remove BG」をインストールします。
インストールはこちら。
https://www.figma.com/community/plugin/738992712906748191/Remove-BG

②APIの設定が必要になります。
ます、右クリックで「プラグイン」から「Remove BG」を選択し、さらに「Set API Key」を選びます。
Figmaデザイン作成27

③「2」のリンクに飛びます。
Figmaデザイン作成28

④リンク先に飛んだら「show」をクリックするとAPIが表示されるのでコピーします。
Figmaデザイン作成29

⑤Figmaに戻り④でコピーしたAPIを「Api kye」に貼り付け「save」をクリックします。
Figmaデザイン作成30

⑥切り抜きたい写真を選択し、右クリックで「プラグイン」から「Remove BG」を選択し、さらに「Run」を選びます。
Figmaデザイン作成31

⑦切り抜きが完成です。
Figmaデザイン作成32

PCから画像を取り込む

①Figmaアイコンから「ファイル」 → 「画像を配置…」を選びます。
Figmaデザイン作成33

②PC内のフォルダが選べるので任意の画像を選択し「開く」をクリックすると画像が配置されます。
Figmaデザイン作成34

SVG画像の色を変える

SVG画像は取り込むと色を変えることができます。
①SVG画像を選択し、「選択色」の色のアイコンをクリックするとカラーピッカーが出るので色を選びます。
Figmaデザイン作成35

地図の作成

①地図の画像を作成してくれるプラグイン「Mapsicle」をインストールします。
インストールはこちらから。
https://www.figma.com/community/plugin/736458162635847353/Mapsicle

②右クリックで「プラグイン」から「Mapsicle」を選択し、さらに「Refresh selected map」を選びます。
Figmaデザイン作成36

③「Center」に経度と緯度を入力し、「Style」から地図の描写方法(モノクロなど)を選び「Create map」をクリックします。
デザイン作成37

④これで地図が完成です。
デザイン作成38

パスの変形

円を変形させて地図の目的地となるオブジェクトを作ります。
①正円を作り、ダブルクリックするとアンカーポイントが現れます。
一番下のアンカーポイントだけ選択して下に伸ばします。
デザイン作成39

②先程伸ばしたアンカーポイントのハンドルを斜めにしてシャープにします。
Figmaデザイン作成40

③形が出来上がったのでロゴを重ねて地図に配置して完成です。
Figmaデザイン作成41

文字詰め

①詰めたい文字をドラッグで選択し、「option」を押しながら「<」を押すと文字の右側が詰まり、「>」を押すと広がります。
Figmaデザイン作成42

サイトの動きを作ってみよう

スクロールしたらついてくるナビゲーション

①ナビゲーションを構成するものをグループ化し、成約の下にある「スクロール時に位置を固定」にチェックを入れます。
Figmaデザイン作成43
Figmaデザイン作成44

ハンバーガーメニューの動きを作成

まず、クリックすると出てくるメニューを新しいフレームを作成して作っておきます。
①アニメーションの設定をするので「プレビュー」に切り替えます。

②ハンバーガーのアイコンからメニューを繋げます。
Figmaデザイン作成45

③動きの設定のために「インタラクションの詳細」を入力していきます。
・ハンバーガーアイコンをタップしたらメニューが出て来るようにしたいので「On tap」を選びます。
・アニメーションを設定したいので「オーバーレイを開く」を選びます。
・メニューを上に表示させていのでオーバーレイの「上中央」を選びます。
・メニュー外をタップしたときにメニューが閉じてほしいのでオーバーレイの「外部クリック時にとじる」にチェックを入れます。
メニューが上から降りてくるようにアニメーションの「ムーブイン」を選び「↓」を選択します。
・降りてくる速さを遅くしたい場合は「300ms」より数値を大きくしてください。
Figmaデザイン作成46

④出てきたメニューの「☓」ボタンをタップするとメニューが閉じるようにします。
「☓」をオブジェクトを選択し、1回だけindexページに繋ぎます。
「インタラクションの詳細」から「On tap」と「オーバーレイを閉じる」を選択します。
すると青い☓マークに繋がります。
Figmaデザイン作成47

⑤これで完成です。
Figmaデザイン作成48

ホバーの動きを作成

今回作っているものはスマホ用サイトなので本来はホバーの設定はいらないのですが、今回は紹介のために作りました。
①まずindexページのフレームを複製します。

②複製した方のフレームをホバー用として編集します。
今回はホバー時に写真がズームしてボタンの色が変わるように設定します。
※1つのリンクに対して1フレーム使用するので、他のリンクにもホバーを設定する場合は新しくホバー用のフレームを作成します。

③「デザイン」から「プロトタイプ」に切り替えて、indexページのリンク箇所とホバー用に編集したフレームを繋ぎます。
Figmaデザイン作成49

④「インタラクションの詳細」を設定します。
ホバーした際に変化させていので「オーバー中」と「画面推移」を選びます。
アニメーションは「スマートアニメ」を選びます。
Figmaデザイン作成50

⑤これで完成です。
Figmaデザイン作成51

横スワイプの動きを作成

横にスワイプしたら情報が見れるようにします。
①indexページを複製してスワイプ後のデザインを作ります。

②「デザイン」から「プロトタイプ」に切り替えて、indexページのスワイプ分のグループ(今回は3つがグループ化)からスワイプ後のデザインを繋げます。
Figmaデザイン作成52

③「インタラクションの詳細」を設定します。
スワイプ時に変化させていので「ドラッグ時」と「画面推移」を選びます。
アニメーションは「スマートアニメ」を選びます。
Figmaデザイン作成53

④少しスワイプするようになりました。
Figmaデザイン作成54

⑤3つ目の画像までスワイプしてほしいので、スワイプの2パターン目を作ります。
先ほどスワイプ用に作成したフレームを複製してスワイプを2回した場合のデザインを作ります。

⑥「デザイン」から「プロトタイプ」に切り替えて、スワイプ用のフレームのスワイプ分のグループ(今回は3つがグループ化)から⑤で作った「スワイプを2回した場合のデザイン」のフレームを繋ぎます。
Figmaデザイン作成55

⑦③と同じように「インタラクションの詳細」を設定します。
スワイプ時に変化させていので「ドラッグ時」と「画面推移」を選びます。
アニメーションは「スマートアニメ」を選びます。
Figmaデザイン作成56

⑧これで完成です。
Figmaデザイン作成57

スライドショーの作成

①indexページのフレームを2つ複製し、複製した2つはトップ画像の写真を入れ替えます。
Figmaデザイン作成58

②「デザイン」から「プロトタイプ」に切り替えて、この3つのフレームをスライドショーで見せたい順番に繋ぎます。
3番めのものは1番目に繋ぐとループします。

③「インタラクションの詳細」を設定します。
何もアクションしなくても変化してほしいので「遅延」と「画面推移」を選びます。
画面が切り替わる速度を「3000ms」に設定します。
アニメーションの設定をします。
ふわっと画像が切り替わってほしいので「ディゾルプ」と「イーズアウト」を選びます。
画像がふわっとしていく速度を「900ms」に設定します。
この設定を「1枚目から2枚目の繋ぎ」・「2枚目から3枚目の繋ぎ」・「3枚目から1枚目の繋ぎ」の計3回分行います。
※「インタラクションの詳細」の「遅延」はフレーム同士の移動じゃないと選ぶことができないので注意です。
Figmaデザイン作成59

④これで完成です。
Figmaデザイン作成60

完成

これでトップページと下層ページが完成しました!
Figmaデザイン作成61

まとめ

今回使用したプラグイン

Unsplash

フリー写真素材サイト「Unsplash」の写真を検索して取り込むことができます。
導入はこちら

To path

曲線パスに文字やオブジェクトを沿わせることができます。
導入はこちら

Japanese Font Picker

日本語に対応しているフォントを試しながら選択することができます。
導入はこちら

Remove BG

写真の背景を自動で切り抜いてくれます。
導入はこちら

Mapsicle

地図の画像を作成してくれます。
導入はこちら

感想

デザイン制作に関してはスムーズに行うことができました。
たくさん作っていくとレイヤーの管理が少し大変だなと感じました。
作っているオブジェクトが知らないうちにフレーム外に出ていてプロトタイプで反映されないなんてことがありました。
また、まだ慣れていないのでプロトタイプの動きの設定が難しかったです。
「画面推移」と「オーバーレイ」が使い分けられれば大体の動きは作れると思います。
画面推移・・・単純に画面の表示を切り替えたい時に使用
オーバーレイ・・・動きを付けて何かを表示させてい時に使用

スクロールアニメーションなんかも作れると良いと思いました。
後はプラグインが増えてくるとどのプラグインにどんな機能があるか忘れてしまうので、プラグインをフォルダ分けして、そのフォルダにどんな機能があるかわかるような名前が付けられると使いやすいと思いました。

まだまだFigmaは開発段階なのでアップデート次第で、どんどん使いやすなるのではないでしょうか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Figmaを使ってみようーアニメーション作成ー

    Others

    Figmaを使ってみようーアニメーション作成ー

    今回は番外編でFigmaでアニメーション作成の紹介になります。ただ…

  2. GIF

    Others

    簡単!!動画をGIFアニメーションに変換できるサイト

    WEBサイトを閲覧していると動画でもないアニメーションが自動再生されて…

  3. キーマカレー

    Others

    ホワイトバランスを設定して良い色合いの写真を撮る

    ホワイトバランスとは?カメラで撮影した時に、白熱電球の下で撮る…

  4. オンラインでシェアする画像

    Others

    【完全無料・登録不要】大容量ファイル転送サービス「ギガファイル便」の使い方

    大容量のデータを共有したいその時にオンライン上でのファイルのや…

  5. 遠方の山と手前の山の重なり

    Others

    レンズによる表現(広角・標準・望遠)の違い

    広角・標準・望遠レンズは何が違う?コンパクトカメラや一眼レフを…

  6. Illustrator

    【挑戦】ペンツールの練習 1分間であなたはできる?

    ペンツールを使って、完成できますか?挑戦してみてください!3つ…

人気の記事

CodeCamp

おすすめの参考書

PAGE TOP