Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

同じ色のオブジェクトだけをまとめて選択する方法

使用ソフト: Illustrator CC 2018  

様々な色のオブジェクトが並んでいる中から、同じ色のものだけを一括で選択できる方法があります。
この機能を使えば、任意のオブジェクトの色をまとめて変更する際などに効率的に作業することができます。

自動選択ツールを使ってオブジェクトを一括選択しよう

自動選択パネルを操作する

まずはツールパネル内の[自動選択ツール]をダブルクリックし、[自動選択パネル]を表示します。
※ 自動選択パネルは、メニューバーの[ウィンドウ]→[自動選択]から表示することも可能です。
自動選択ツールをダブルクリック

次に自動選択パネル内の[カラー(塗り)]にチェックを入れた状態で、一括選択したい色のオブジェクトを1つクリックします。
カラー(塗り)にチェックを入れる
null

すると、初めに選択したオブジェクトと塗りが一致するものだけが一括で選択されます。
今回の場合は薄紫色のオブジェクトのみが選択されています。
薄紫色のオブジェクトのみが選択されている

許容値を設定する

自動選択パネル内の[許容値]を設定することで、わずかに異なる配色のオブジェクトを一括選択に含ませることも可能です。例では紫系の色が一括選択されています。
選択に含む範囲を設定する
自動選択パネル内には、他にもカラー(線)、線幅、不透明度などがあり、色以外の要素で共通しているオブジェクトを一括選択することも可能です。

グループ編集モードと併用するとさらに便利

グループ編集モードと併用することによりグループ内のみで一括選択ができ、さらに制作の幅が広がります。
この範囲だけをグループ化した場合

この機能を利用すれば、目視で同色を探すよりも色の変更漏れをぐっと減らすことができ、作業効率アップも期待できます。是非お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    パスのオフセットを理解する

    パスのオフセットとは選択したオブジェクトから指定した距離をずらした…

  2. Illustrator

    グランジ加工をしてみよう

    今回は、Illustratorで簡単にグランジ表現のやり方の紹介です。…

  3. Illustrator

    ワープを使って球体に模様をつける

    ワープイラストレーターの「ワープ」とは、オブジェクトの見た目を変形…

  4. Illustrator

    エンベロープを使って文字列を図形にあわせて変形させるには

    今回はエンベロープの機能のひとつを使ってオブジェクトの形に合わせて文字…

  5. Illustrator

    袋文字の作りかた

    今回はIllustratorで袋文字の作り方をご紹介します。袋…

  6. Illustrator

    シンボル化してみよう

    パスで作ったイラストなどを簡単にシンボル化することができる方法の紹介で…

CodeCamp

最近の記事

  1. Photoshop

    人物に影をつける方法
  2. Photoshop

    パチスロのグラデーションが美しすぎるのでフォトショで作ってみた
  3. Illustrator

    オブジェクトにトンボをつけよう
  4. Illustrator

    Illustratorで虹を作ろう
  5. Illustrator

    【画像トレース】Photoshopのカットアウトでは満足できない人へ
PAGE TOP