Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Photoshop

広角補正で写真の歪みを補正しよう

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

Photoshopで写真の歪みを修正する方法に、レンズ補正がありますが、他にも広角補正という機能があります。
簡単に言えば、広角補正は画像全体を修正するレンズ補正とは違い、まっすぐに修正したい箇所を決めて補正する便利な機能です。

地平線の歪みをまっすぐにしてみよう

今回は、海の写真の歪んだ地平線をまっすぐにしてみます。

まず
フィルター>広角補正
を選択します。

広角補正のウィンドウが表示されます。
地平線をまっすぐにするには、コンストレイントツールを使用します。

選択したら、地平線に沿って端から端までドラッグして線を引きます。
地平線に沿って線が曲がります。
線を引くと自動で歪んでいた地平線がまっすぐに修正されます。
うまく修正されない時は、両端や中央のアンカーポイントで線の位置を調節したり、中央の円で線の角度を調節しましょう。

地平線の歪みがほとんど取れていると思います。

shiftを押しながら線を引くと、歪みの他に画像の角度も修正されます。
縦に線を引くと赤い線になり垂直に補正され、横に線を引くと黄色い線になり水平に補正されます。

ドアの歪みを補正してみよう

他に、建物など多角形の場合は「多角形コンストレイントツール」を使って歪みを取れます。
左上のツールアイコンの上から2番目です。
多角形コンストレイントツールで直したい箇所を囲むと、その部分の歪みが補正されます。

次は、建物のドアを補正してみましょう。写真を見るとかなり歪んでいますね。

ドアの部分を多角形コンストレイントツールで囲みます。

かなり歪んでいたドアがまっすぐに補正されました。

広角補正は1箇所だけでなく複数の箇所を補正することが可能ですので、少し面倒な歪みは広角補正を使うと効率的でしょう。
以上、広角補正の基本的な使い方でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    パチスロのグラデーションが美しすぎるのでフォトショで作ってみた

    大当たり感抜群のグラデーションに目を奪われて、実際に自分で作れはしない…

  2. 超便利!画像アセット機能

    Photoshop

    【スライス不要】Photoshopで便利な書き出し機能

    PhotoshopCCの便利機能「画像アセット生成」について紹介します…

  3. Photoshop

    画像を昔の写真風にしてみた

    技術の進歩で風景をとても綺麗に撮影できるようになった。しかし子供の頃、…

  4. Photoshop

    Photoshopで大理石風の模様を作る方法

    Photoshopで大理石風の模様を作る方法をご紹介します!1.雲…

  5. Photoshop

    「ドーン!」画像加工で動きを出す作り方

    色々な画像加工はありますが、簡単に雰囲気が変わる加工は便利です。今…

  6. Photoshop

    飛び出す写真を作ってみよう

    飛び出す写真の作り方を今回紹介したいと思います。まず、レイヤー…

人気の記事

CodeCamp

おすすめの参考書

PAGE TOP