Adobe認定トレーニングセンター

Photoshop

広角補正で写真の歪みを補正しよう

使用ソフト: Photoshop CC 2018  

Photoshopで写真の歪みを修正する方法に、レンズ補正がありますが、他にも広角補正という機能があります。
簡単に言えば、広角補正は画像全体を修正するレンズ補正とは違い、まっすぐに修正したい箇所を決めて補正する便利な機能です。

地平線の歪みをまっすぐにしてみよう

今回は、海の写真の歪んだ地平線をまっすぐにしてみます。

まず
フィルター>広角補正
を選択します。

広角補正のウィンドウが表示されます。
地平線をまっすぐにするには、コンストレイントツールを使用します。

選択したら、地平線に沿って端から端までドラッグして線を引きます。
地平線に沿って線が曲がります。
線を引くと自動で歪んでいた地平線がまっすぐに修正されます。
うまく修正されない時は、両端や中央のアンカーポイントで線の位置を調節したり、中央の円で線の角度を調節しましょう。

地平線の歪みがほとんど取れていると思います。

shiftを押しながら線を引くと、歪みの他に画像の角度も修正されます。
縦に線を引くと赤い線になり垂直に補正され、横に線を引くと黄色い線になり水平に補正されます。

ドアの歪みを補正してみよう

他に、建物など多角形の場合は「多角形コンストレイントツール」を使って歪みを取れます。
左上のツールアイコンの上から2番目です。
多角形コンストレイントツールで直したい箇所を囲むと、その部分の歪みが補正されます。

次は、建物のドアを補正してみましょう。写真を見るとかなり歪んでいますね。

ドアの部分を多角形コンストレイントツールで囲みます。

かなり歪んでいたドアがまっすぐに補正されました。

広角補正は1箇所だけでなく複数の箇所を補正することが可能ですので、少し面倒な歪みは広角補正を使うと効率的でしょう。
以上、広角補正の基本的な使い方でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Photoshop

    効果線(ホワイト)をつけてみよう

    今回は前回動きをつけた画像を使用して効果線(ホワイト)のつけ方を紹介を…

  2. Photoshop

    修復ブラシツールとコピースタンプツールの違い

    使いたい写真に、不要なものが写り込んでいたり、傷があったり・・・。…

  3. Photoshop

    レイヤースタイルで立体文字を作ろう

    Photoshopの「レイヤースタイル」は、レイヤー内のオブジェクトに…

  4. Photoshop

    グラデーションマップでかっこよく!写真をツートーンカラーに

    グラデーションマップとはフォトショップのグラデーションマップは写真…

  5. Photoshop

    新機能は使えるのか?アートボードの追加

    フォトショップでデザインやドキュメントを作成する作業を複数のアートボー…

  6. Illustrator

    便利なヘルプ機能

    あれ?えーと・・・。どこだったっけ・・・?Illustratorや…

最近の記事

  1. Illustrator

    Illustratorでスピログラフを作ってみよう
  2. Illustrator

    シンボルをスプレーで散布してみよう
  3. Photoshop

    カスタムブラシで新しいブラシを作ろう
  4. InDesign

    身近な話題をインデザインで新聞にしてみよう(その①マスターページ)
  5. Photoshop

    カスタムパターンで新しいパターンを作ろう
PAGE TOP