Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

3Dにシンボルをマッピングしてみよう

使用ソフト: Illustrator CS5 (CCでも可能)  

今回、3Dオブジェクトにシンボルをマッピングする方法を紹介します。

まず、3Dオブジェクトを作り3Dオプションから[マッピング]を選択します。
効果3Dから作った3Dオブジェクトを用意します。用意をしたら3Dウィンドウの中にある[マッピング]を選択します。
オブジェクトの表面を長方形にした図が表示されている[アートをマップ]のウィンドウが出てきます。
暗いグレーの部分はシンボルを配置しても表示されない、明るいグレーの部分はシンボルを配置すると表示される部分です。
オブジェクトの表面を長方形にしたウィンドウが出てきます。濃いグレーの部分が表示されない、明るいグレーの部分は表示される部分です。
ウィンドウ上にある[表面]のページ切り替え部分でマッピングできる表面を切り替えることができます。(オブジェクトによって切り替え数は変わります)
ウィンドウ上にある[表面]のページ切り替え部分でマッピングできる表面を切り替えることができます。
プレビューにチェックを入れているとどの表面を選択しているか見やすいです。
プレビューにチェックを入れておくとどの部分の(表面)を表示しているかわかりやすくなります。
マッピングしたい[表面]を選択しシンボルからマッピングしたいシンボルを選択します。
大きさと場所を調整し
マッピングしたい面にシンボル一覧からシンボルを選び大きさ、配置を調整したら完成です。
自分好みにマッピングできたら完成です。
色々な3Dオブジェクトを作る時に便利ですので色々試して見てくださいね。
3Dオブジェクトを作る際シンボルがあるだけでも色々な使い方ができるのでシンボル作りも是非試してみてくださいね!

閲覧ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    パターンのみを変形する

    パターンの設定パターン設定の前準備イラストレーターで観葉植物を…

  2. Illustrator

    シンボルをスプレーで散布してみよう

    今回は、簡単にシンボルをスプレーで散布する方法をご紹介します。先ず…

  3. Illustrator

    地図をつくろう

    イベントPRのチラシなどに必ずあるのが地図です。1回作ってしまうと、何…

  4. Illustrator

    手書き文字をトレースしてみよう

    ノートにレタリングした手書きの文字を、Illustratorでトレース…

  5. Illustrator

    切り抜きツールを使ってみよう!

    今回は、Photoshopの機能。切り取りツールの紹介です。は、ト…

  6. Illustrator

    アンカーポイントとペンツール

    次の記事内容を何にしようかと考えていて、自分が初めてペンツールに触れて…

CodeCamp

最近の記事

  1. Illustrator

    タブ機能を理解する
  2. Illustrator

    金色(GOLD)のグラデーションを作ってみよう
  3. Illustrator

    スターツールで作る丸い花のイラスト
  4. Illustrator

    便利なヘルプ機能
  5. Illustrator

    オブジェクトにトンボをつけよう
PAGE TOP