Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

3Dにシンボルをマッピングしてみよう

使用ソフト: Illustrator CS5 (CCでも可能)  

今回、3Dオブジェクトにシンボルをマッピングする方法を紹介します。

まず、3Dオブジェクトを作り3Dオプションから[マッピング]を選択します。
効果3Dから作った3Dオブジェクトを用意します。用意をしたら3Dウィンドウの中にある[マッピング]を選択します。
オブジェクトの表面を長方形にした図が表示されている[アートをマップ]のウィンドウが出てきます。
暗いグレーの部分はシンボルを配置しても表示されない、明るいグレーの部分はシンボルを配置すると表示される部分です。
オブジェクトの表面を長方形にしたウィンドウが出てきます。濃いグレーの部分が表示されない、明るいグレーの部分は表示される部分です。
ウィンドウ上にある[表面]のページ切り替え部分でマッピングできる表面を切り替えることができます。(オブジェクトによって切り替え数は変わります)
ウィンドウ上にある[表面]のページ切り替え部分でマッピングできる表面を切り替えることができます。
プレビューにチェックを入れているとどの表面を選択しているか見やすいです。
プレビューにチェックを入れておくとどの部分の(表面)を表示しているかわかりやすくなります。
マッピングしたい[表面]を選択しシンボルからマッピングしたいシンボルを選択します。
大きさと場所を調整し
マッピングしたい面にシンボル一覧からシンボルを選び大きさ、配置を調整したら完成です。
自分好みにマッピングできたら完成です。
色々な3Dオブジェクトを作る時に便利ですので色々試して見てくださいね。
3Dオブジェクトを作る際シンボルがあるだけでも色々な使い方ができるのでシンボル作りも是非試してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    図形ツールを使って、積み木感覚で簡単イラスト作成!

    絵を描く事に苦手意識を持っている方にお勧めしたい、イラストの作成方法が…

  2. 複合パス知識編

    Illustrator

    複合パスを掘り下げてみよう〜実践編〜

    複合パスについて掘り下げてみよう〜知識編〜につづき今回は【実践編】です…

  3. Illustrator

    シンボルをスプレーで散布してみよう

    今回は、簡単にシンボルをスプレーで散布する方法をご紹介します。先ず…

  4. Illustrator

    地図をつくろう

    イベントPRのチラシなどに必ずあるのが地図です。1回作ってしまうと、何…

  5. Illustrator

    袋文字の作りかた

    今回はIllustratorで袋文字の作り方をご紹介します。袋…

  6. Illustrator

    楕円形ツールで作るリアルな雲の作り方

    楕円形ツールで楕円を重ねて、パスファインダーで合体すれば、漫画のような…

Language

最近の記事

  1. コピースタンプ
  2. メビウスの輪
  3. 海外のフリー素材サイト
  4. カラーチャンネル
  5. シルクスクリーン
  1. InDesign

    身近な話題をインデザインで新聞にしてみよう(その③段落スタイル)
  2. Mac

    フリーソフト「Clipy」はコピー&ペーストを保存する画期的ソフト
  3. Illustrator

    タブ機能を理解する
  4. Photoshop

    画像を自然に引き伸ばそう
  5. Photoshop

    髪の毛にツヤを出してみよう
PAGE TOP