Adobe認定トレーニングセンター

Illustrator

コマンドXとコマンドF(B)を使ってオリンピックマークを作ってみよう

 

来年2020年は東京オリンピックが開催されますね。とても楽しみです。
そこで今回は、illustrationでオリンピックマーク(五輪マーク)を作ってみようと思います。
一見、五色の輪が並んでいるだけに見えますが、よく見ると線の重なりが複雑です。
しかしイラレでは、とあるショートカットキーを使えば簡単に作れます!

【真円を作る】

画面左側にあるツールパネルから[楕円形ツール]を選択します。[基本図形ツール群]を長押しすると出てきます。

アークボード上で一度、マウス左クリックをすると新たな画面が出てくるので、幅と高さが同じになるように、お好きな数値を入れ[OK]を押してください。(今回は100mm×100mmにしました。)

また、違う作り方で、キーボードのshiftを押しながら、マウス左でドラック、ドロップをして作る方法でも構いません。

【色と線幅を変更する】

画面右側にある[スウォッチパネル]で色を変更します。塗りを無しに変更し、線の色は後ほど改めて変更するので、とりあえず変更しないまま(黒)で大丈夫です。
同じく画面右側にある[線パネル]で線幅を変更します。数値はお好みの太さに変更してください。(今回は16ptにしました。)

もしも、パネルがアイコン化されている場合は、画面右上あたりにあるパネルを展開するボタンを押すとパネルが開きます。

また、パネル自体が消えてしまっている場合は、画面一番上のメニューバーのウィンドウを開き、項目にレ点チェックを付けるとパネルを出すことができます。

【真円を回転させる】

真円が選択されている状態で、画面左側ツールパネル内の[回転ツール]のアイコン上でマウス左ダブルクリックをすると新しい画面が出てきます。
角度の項目に「45°」と入力し[OK]を押します。

【真円を複製する】

(今回はショートカットキーでの複製方法をご紹介します。)
画面左側ツールパネル内の[選択ツール](黒矢印)を選択します。
最初に作った真円を選択した状態でshiftとoptionを押したまま真円を右側にドラッグ、ドロップします。重ならず、離れすぎずのお好みの距離にしてください。
すると、同じ高さのまま真円を複製できます。

続けてshiftとDを一緒に押すと直前の操作を繰り返します。
こうして同じ大きさ・高さ・距離の真円が三つ完成します。

次は下段に二つの真円を作ります。
選択されている真円を、optionを押したまま下にドラック、ドロップし複製します。
その複製した真円が選択された状態でshiftとoptionを押したまま真円を右側にドラッグ、ドロップし、高さを揃えたまま複製します。
これで真円が全部で五つ完成しました。

【五つの真円の色を変更する】

真円を選択し、画面右側にある[スウォッチパネル]で線の色のみを変更します。色は左から青、黄、黒、緑、赤になります。

【整列する】

青と黒の真円を選択し、commandとGを一緒に押しグループ化します。
青黒と黄の真円を選択します。
optionを押したまま青黒の真円をマウス左クリックしてキーオブジェクトにします。(optionを押したままマウスのカーソルをオブジェクトに合わせると矢印のアイコンが変化します。それがキーオブジェクトにする合図です。)
画面上方のコントロールパネルに整列アイコンがあるので[中央揃え]をクリックします。
青黒の真円のみ選択し、shiftとcommandとGを一緒に押しグループ化を解除します。

同じように黒と赤の真円をグループ化。
黒赤と緑の真円を整列[中央揃え]。
黒赤の真円をグループ化解除。

下段の黄と緑の真円を選択し、shiftを押したまま上方向にドラッグ、ドロップします。
ドロップの位置は上段真円の半分くらいにお好みで上方向に移動してください。

【線と線の重なりの変更】

(ネット等でオリンピックマークの見本を見ながら作業することをお勧めします。)
画面左側ツールパネル内の[ダイレクト選択ツール](白矢印)を選択します。

まずは、青と黄の真円の重なり部分を変更します。
黄の前面に出したい青線のみを選択し、commandとXを一緒に押し、選択した項目を切り取りクリックボードにコピーします。

次に黄の真円で青線の下にしたい部分のみを選択し、

commandとFを一緒に押し、クリップボードにコピーした青線を黄線の前面へペーストします。

同じ方法で黒線と黄線、黒線と緑線、赤線と緑線の順番を変更します。

(今回はcommandとFで前面へペーストするやり方をご紹介しましたが、commandとBで背面へペーストする方法もあります。そちらもぜひ試してみてください!)

最後に、作ったオブジェクトを全て選択し、commandとGを一緒に押しグループ化をして完成です!お疲れ様でした!

 

余談ですが、オリンピックマークの青、黄、黒、緑、赤の五色の輪は、それぞれヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの五大陸と、その相互の結合、連帯を意味していますが、どの色も特定の大陸を意味したものではないそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    ブレンドツールの基本的な使い方 

    ブレンドツールは図形と図形をブレンドして中間のオブジェクトを生成してく…

  2. Illustrator

    波のような文字と段組み

    「パス上文字ツール」を使って波のような文字を書いてみようまずは、ペ…

  3. Illustrator

    インド国旗を作ろう!その②

    イラストレーター(Illustrator)でインド国旗を作る2回目です…

  4. Illustrator

    パターンブラシ を自作してみる

    イラストレーターには、描いた線を装飾してくれるブラシというものが用意さ…

  5. Illustrator

    シンボル化してみよう

    パスで作ったイラストなどを簡単にシンボル化することができる方法の紹介で…

  6. Illustrator

    手書き文字をトレースしてみよう

    ノートにレタリングした手書きの文字を、Illustratorでトレース…

CodeCamp

最近の記事

  1. 黄色いバラの花
  2. 左右で画面の明るさを分けたハンバーガー
  1. Illustrator

    破線で作るワンポイントマークの作り方
  2. Illustrator

    3Dにシンボルをマッピングしてみよう
  3. Photoshop

    修復ブラシツールとコピースタンプツールの違い
  4. Photoshop

    カットアウトで写真をイラスト風にしてみよう
  5. Photoshop

    画像を昔の写真風にしてみた
PAGE TOP