Adobe認定トレーニングセンター

主にAdobeのソフト操作を紹介しています。DTPやWebの業務で役にたったことやツールのポイントなど参考になればと思います。 主観的なものもありますのでご了承ください!

Illustrator

ラフの効果で手書き風のイラストを作ってみよう

使用ソフト: Illustrator CC 2018  

イラストレーター の[ラフ]機能を使うと、つるんとした輪郭線がモコモコとした手書き風のタッチに変化します。つくったオブジェクトや文字に何か物足りなさを感じた時に試してみるのもおすすめです!

操作方法

効果をかけたいオブジェクトを選択した状態で、メニュー→[効果]→[パスの変形]→[ラフ]を選択します。複数のオブジェクトにまとめて効果をかけたい場合、全体をグループ化してから適用すると、効果を一括管理できて便利です。

[サイズ]
ラフの深さを指定します。数値が大きいほど凹凸がはっきりします。
表示方法は( パーセント/入力値)お好みで。

[詳細]
凹凸の細かさ(間隔)を指定します。数値が大きいほどより細かい凹凸になります。

[ポイント]
凹凸の形状を丸くするか、ギザギザにするかを選択できます。

「サイズ」と「詳細」の数値の組み合わせをちょっと変えるだけでもイラストの印象が変わります。

文字に[ラフ]をかけてみよう

イラストや図形だけではなく、文字に使ってもいい感じになります。フォントを変えるだけでも全く別の印象になるので、色々と試してみると面白い発見があるかもしれません![ラフ]を使うだけで、簡単に素朴でたのしい雰囲気が生まれるのでぜひ活用してみてください。

使用例

   

あらゆるアートワークに活用できる[ラフ]の効果ですが、和のテイストにも使えることを発見しました。左の図は、オブジェクト全てにラフの効果をつけたものですが、和紙のような質感が表現できました。右の図は正方形のオブジェクトにランダムに効果をかけたものをパターンに登録して作った和柄模様です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hulu dTV

関連記事

  1. Illustrator

    スターツールを使いこなそう

    スターツールは簡単に星型を作る便利な機能ですが、星を作るだけで終わって…

  2. Illustrator

    タブ機能を理解する

    複数の文字列があり、それぞれの文字列の特定の場所にスペースを設けて文字…

  3. Illustrator

    Illustratorで芝生模様を作ろう

    芝生模様は簡単に作ることができるよ緑のじゅうたんが好きな人は試して…

  4. Illustrator

    便利なヘルプ機能

    あれ?えーと・・・。どこだったっけ・・・?Illustratorや…

  5. 文字を切り取る

    Illustrator

    【Illustrator】文字の一部を切り取って加工してみよう!

    Illustratorを使って一部が切り取られた文字を作りますテキ…

  6. パス上文字を紐解いてみよう

    Illustrator

    「パス上文字」を紐解いてみよう

    パス上文字の機能は知っているけれど、その詳しい中身まではあまり知られて…

人気の記事

おすすめの参考書

PAGE TOP